• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第13回>親方は一度やったら辞められない

「え? ウソだろ?」

 焼き肉をつつく手を止めた幕内力士が、もうひとりの力士の顔をまじまじと見つめた。

「マジっスよ。夏はエアコン一切禁止。冬もよほど寒くないと暖房つけちゃいけないって言うんスよ。こうやって外食した方が暖房があるんで、まだマシっス」

 こう言うと、年下の力士はため息をつきながら肉を口の中に放り込んだ。

 相撲部屋の経営は力士の人数や番付によってまちまち。しかし、それでもエアコン代の節約を強いられるほどに切羽詰まった部屋などあるのだろうか。相撲部屋は協会から結構な金額を支給されているからだ。

 まず、幕下以下の力士1人に月7万円、年間にして84万円が養成費として支払われる。これは十両以上になると養成奨励金という名目に変わる。年間にすると、十両114万円、平幕126万円、小結・関脇が156万円、大関216万円に横綱で276万円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る