• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第13回>親方は一度やったら辞められない

「え? ウソだろ?」

 焼き肉をつつく手を止めた幕内力士が、もうひとりの力士の顔をまじまじと見つめた。

「マジっスよ。夏はエアコン一切禁止。冬もよほど寒くないと暖房つけちゃいけないって言うんスよ。こうやって外食した方が暖房があるんで、まだマシっス」

 こう言うと、年下の力士はため息をつきながら肉を口の中に放り込んだ。

 相撲部屋の経営は力士の人数や番付によってまちまち。しかし、それでもエアコン代の節約を強いられるほどに切羽詰まった部屋などあるのだろうか。相撲部屋は協会から結構な金額を支給されているからだ。

 まず、幕下以下の力士1人に月7万円、年間にして84万円が養成費として支払われる。これは十両以上になると養成奨励金という名目に変わる。年間にすると、十両114万円、平幕126万円、小結・関脇が156万円、大関216万円に横綱で276万円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る