<第13回>親方は一度やったら辞められない

公開日:  更新日:

「え? ウソだろ?」

 焼き肉をつつく手を止めた幕内力士が、もうひとりの力士の顔をまじまじと見つめた。

「マジっスよ。夏はエアコン一切禁止。冬もよほど寒くないと暖房つけちゃいけないって言うんスよ。こうやって外食した方が暖房があるんで、まだマシっス」

 こう言うと、年下の力士はため息をつきながら肉を口の中に放り込んだ。

 相撲部屋の経営は力士の人数や番付によってまちまち。しかし、それでもエアコン代の節約を強いられるほどに切羽詰まった部屋などあるのだろうか。相撲部屋は協会から結構な金額を支給されているからだ。

 まず、幕下以下の力士1人に月7万円、年間にして84万円が養成費として支払われる。これは十両以上になると養成奨励金という名目に変わる。年間にすると、十両114万円、平幕126万円、小結・関脇が156万円、大関216万円に横綱で276万円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る