• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第12回>1.5倍増の地方巡業は「野球賭博」「八百長騒動」の損失補填

「八百長騒動も遠い昔だよ」

 初場所の天井からつるされた「満員御礼」の垂れ幕を見て、ある親方はニンマリしながらこう言った。

 13年は遠藤、昨年は逸ノ城と人気力士が次々に新入幕を果たした日本相撲協会。遠藤人気で増えた若い女性ファンへのアピールにも余念がなく、おかげで本場所の観客数は右肩上がり。

 13年度の事業収支は3年ぶりの黒字、1億5000万円の利益を計上した。14年度はさらにもうけが膨らむはずだ。

 しかし、それでもまだ10年の野球賭博、11年の八百長騒動で失った損失を補填するには至っていない。昨年末に行われた理事会と評議委員会でも、15年度内の予算案ではかつての隆盛を取り戻すのは不可能という結論が出た。

 一時期500億円以上あった相撲協会の総資産は、この2つの騒動後、80億円減って約420億円に。野球賭博問題以前は約40億円あった現金預金も17億円に減った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る