<第12回>1.5倍増の地方巡業は「野球賭博」「八百長騒動」の損失補填

公開日:  更新日:

「八百長騒動も遠い昔だよ」

 初場所の天井からつるされた「満員御礼」の垂れ幕を見て、ある親方はニンマリしながらこう言った。

 13年は遠藤、昨年は逸ノ城と人気力士が次々に新入幕を果たした日本相撲協会。遠藤人気で増えた若い女性ファンへのアピールにも余念がなく、おかげで本場所の観客数は右肩上がり。

 13年度の事業収支は3年ぶりの黒字、1億5000万円の利益を計上した。14年度はさらにもうけが膨らむはずだ。

 しかし、それでもまだ10年の野球賭博、11年の八百長騒動で失った損失を補填するには至っていない。昨年末に行われた理事会と評議委員会でも、15年度内の予算案ではかつての隆盛を取り戻すのは不可能という結論が出た。

 一時期500億円以上あった相撲協会の総資産は、この2つの騒動後、80億円減って約420億円に。野球賭博問題以前は約40億円あった現金預金も17億円に減った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る