<第12回>1.5倍増の地方巡業は「野球賭博」「八百長騒動」の損失補填

公開日:  更新日:

「八百長騒動も遠い昔だよ」

 初場所の天井からつるされた「満員御礼」の垂れ幕を見て、ある親方はニンマリしながらこう言った。

 13年は遠藤、昨年は逸ノ城と人気力士が次々に新入幕を果たした日本相撲協会。遠藤人気で増えた若い女性ファンへのアピールにも余念がなく、おかげで本場所の観客数は右肩上がり。

 13年度の事業収支は3年ぶりの黒字、1億5000万円の利益を計上した。14年度はさらにもうけが膨らむはずだ。

 しかし、それでもまだ10年の野球賭博、11年の八百長騒動で失った損失を補填するには至っていない。昨年末に行われた理事会と評議委員会でも、15年度内の予算案ではかつての隆盛を取り戻すのは不可能という結論が出た。

 一時期500億円以上あった相撲協会の総資産は、この2つの騒動後、80億円減って約420億円に。野球賭博問題以前は約40億円あった現金預金も17億円に減った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る