日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子卓球・平野早矢香が世界選手権「代表落ち」の建前と本音

 ロンドン五輪卓球女子団体の銀メダル・メンバー平野早矢香(29=ミキハウス)は石川佳純(21=全農)と組んで、先の全日本選手権を連覇した。が、4月の世界選手権(中国)の女子ダブルスの代表に選ばれたのは、平野美宇と伊藤美誠の14歳コンビだった。

 これに怒ったのが平野早矢香が所属するミキハウスの木村皓一社長(69)だ。近日中に社長名で、選考の見直しなどを求める抗議文を卓球協会に提出するという。

 女子日本代表の村上監督はラリー派の「平野・石川」では「敵が多すぎて世界では勝てない」と説明。速攻タイプの14歳コンビを選んだ。

 この2人、中国が不参加だった12月のグランドファイナルのダブルスで、日本勢では男女を通じて初の優勝を果たした。とはいえ、戦術や成績を考慮したというより、今回の代表選びの決め手になったのは年齢ではないか。女子卓球は東京五輪で金メダルを狙える競技。29歳の平野は5年後の代表入りは厳しい。14歳の2人に経験を積ませた方が有意義と判断したのではと勘ぐりたくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事