女子卓球・平野早矢香が世界選手権「代表落ち」の建前と本音

公開日:  更新日:

 ロンドン五輪卓球女子団体の銀メダル・メンバー平野早矢香(29=ミキハウス)は石川佳純(21=全農)と組んで、先の全日本選手権を連覇した。が、4月の世界選手権(中国)の女子ダブルスの代表に選ばれたのは、平野美宇と伊藤美誠の14歳コンビだった。

 これに怒ったのが平野早矢香が所属するミキハウスの木村皓一社長(69)だ。近日中に社長名で、選考の見直しなどを求める抗議文を卓球協会に提出するという。

 女子日本代表の村上監督はラリー派の「平野・石川」では「敵が多すぎて世界では勝てない」と説明。速攻タイプの14歳コンビを選んだ。

 この2人、中国が不参加だった12月のグランドファイナルのダブルスで、日本勢では男女を通じて初の優勝を果たした。とはいえ、戦術や成績を考慮したというより、今回の代表選びの決め手になったのは年齢ではないか。女子卓球は東京五輪で金メダルを狙える競技。29歳の平野は5年後の代表入りは厳しい。14歳の2人に経験を積ませた方が有意義と判断したのではと勘ぐりたくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る