白鵬の審判批判に政治家が「風格を」と苦言する“笑止千万”

公開日: 更新日:

「大横綱として、ふさわしい風格を身に付けてもらいたい」

 27日、国会内で記者団の質問にこう答えたのは、自民党の高村正彦副総裁。

 初場所で歴代最多優勝を達成した白鵬が、13日目に取り直しとなった一番を振り返り、「子供が見てもわかる」と審判部を批判した問題で、横審の委員を務める同副総裁は「(批判を)しない方が良かった」と苦言を呈したのだ。

 横審では白鵬の発言を受けて、内山斉委員長(読売新聞グループ顧問)が「未熟さをさらけ出した。反省すべきは横綱本人」と断じていた。29日にも師匠の宮城野親方を事情聴取して、厳重注意を与えるとみられている。

 会見で白鵬は審判批判のみならず、「肌の色は関係ない」と人種差別についても口にした。朝まで祝杯を挙げて会見は1時間も遅刻。酒が残っていたのか暴言を吐いた大横綱には、相撲ファンからも「品がない」という批判の声も少なくない。

 強ければ何を言ってもいい、というような傲慢な態度は決してほめられたものではないが、政治家に風格だの品格だのと言われちゃ、白鵬も苦笑いしているのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る