“サブ10”に苦労の男子マラソン 「国内1位は意味ない」の声

公開日: 更新日:

 世界との差は広がるばかりだ。

 1日、8月の世界選手権(北京)代表選考を兼ねた別府大分毎日マラソンが行われ、ツールデ・エスティファノス(33=エリトリア)が2時間10分18秒で優勝。国内招待選手が相次いで脱落する中、一般参加の門田浩樹(29)が2時間10分46秒で2位。日本勢トップでゴールしたものの、日本陸連が派遣条件の一つに設定した2時間6分30秒はもちろん2時間10分さえ切れなかった。

 スタート時の気温は8度。レース終盤には、やや強い風が吹いたとはいえ、高低差は10メートル以内の高速コースだ。が、門田も含めた先頭集団は35キロすぎには息切れである。

 今季は世界選手権、来年のリオ五輪につながる重要なシーズンだ。日本のトップランナーは揃って「サブ10」(2時間10分切り)を口にする。しかし、今季の選考レースでクリアしたのは昨年12月の福岡国際での藤原正和(2時間9分6秒)、足立知弥(2時間9分59秒)の2人だけ。この2人にしても終盤は海外勢のスピードについて行けず、最後はアップアップだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る