“サブ10”に苦労の男子マラソン 「国内1位は意味ない」の声

公開日: 更新日:

 世界との差は広がるばかりだ。

 1日、8月の世界選手権(北京)代表選考を兼ねた別府大分毎日マラソンが行われ、ツールデ・エスティファノス(33=エリトリア)が2時間10分18秒で優勝。国内招待選手が相次いで脱落する中、一般参加の門田浩樹(29)が2時間10分46秒で2位。日本勢トップでゴールしたものの、日本陸連が派遣条件の一つに設定した2時間6分30秒はもちろん2時間10分さえ切れなかった。

 スタート時の気温は8度。レース終盤には、やや強い風が吹いたとはいえ、高低差は10メートル以内の高速コースだ。が、門田も含めた先頭集団は35キロすぎには息切れである。

 今季は世界選手権、来年のリオ五輪につながる重要なシーズンだ。日本のトップランナーは揃って「サブ10」(2時間10分切り)を口にする。しかし、今季の選考レースでクリアしたのは昨年12月の福岡国際での藤原正和(2時間9分6秒)、足立知弥(2時間9分59秒)の2人だけ。この2人にしても終盤は海外勢のスピードについて行けず、最後はアップアップだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る