“サブ10”に苦労の男子マラソン 「国内1位は意味ない」の声

公開日:  更新日:

 世界との差は広がるばかりだ。

 1日、8月の世界選手権(北京)代表選考を兼ねた別府大分毎日マラソンが行われ、ツールデ・エスティファノス(33=エリトリア)が2時間10分18秒で優勝。国内招待選手が相次いで脱落する中、一般参加の門田浩樹(29)が2時間10分46秒で2位。日本勢トップでゴールしたものの、日本陸連が派遣条件の一つに設定した2時間6分30秒はもちろん2時間10分さえ切れなかった。

 スタート時の気温は8度。レース終盤には、やや強い風が吹いたとはいえ、高低差は10メートル以内の高速コースだ。が、門田も含めた先頭集団は35キロすぎには息切れである。

 今季は世界選手権、来年のリオ五輪につながる重要なシーズンだ。日本のトップランナーは揃って「サブ10」(2時間10分切り)を口にする。しかし、今季の選考レースでクリアしたのは昨年12月の福岡国際での藤原正和(2時間9分6秒)、足立知弥(2時間9分59秒)の2人だけ。この2人にしても終盤は海外勢のスピードについて行けず、最後はアップアップだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る