今季は明暗別れそうな カブス和田とレンジャーズ藤川

公開日: 更新日:

 このオフのカブスはレスター、ファウラー外野手(28=前アストロズ)ら投打とも積極的な補強を敢行。戦力の底上げを図った。中でも和田にとってプラスになりそうなのは正捕手で起用されるモンテロ(31=前ダイヤモンドバックス)の加入だ。

「モンテロはDバックス時代からリードが高く評価されており、特に変化球投手へのインサイドワークに長けている。和田は昨季、若手捕手のカスティーヨとの相性が悪かったが、リードだけでなくボールブロックもうまい(昨季の捕逸は5個でリーグ最少2位タイ)モンテロとなら今季は安心して投げられる。今季のカブスは攻撃力も増すだけに、12~13勝してもおかしくありません」

■乾燥した球場で被本塁打増

 一方、レンジャーズでダルビッシュ有と同僚になった藤川球児(34・前カブス)は前途多難だ。現状ではセットアッパーとしての起用が確実視されているとはいえ、球場の特性に泣かされかねない。レンジャーズの本拠地「グローブライフ・パーク」は空気が乾燥していて、打球が飛ぶことで知られる。

「佐々木主浩(元マリナーズ)やレンジャーズ時代の上原が苦手にしていたように、日本人のフライで打ち取るタイプの投手には不利な球場です。藤川も一発を浴びるケースが増えるのではないか」(友成氏)

「松坂世代」の日本人メジャーリーガー2人は明暗を分けそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  8. 8

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  9. 9

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る