日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京マラソン優勝候補ケベデ “脱貧困”目指し走った半生

 日本男子マラソンの低迷は、単にアフリカ勢との身体能力や心肺機能の差だけではなさそうだ。

 20日、東京マラソン(22日9時10分スタート)に出場する国内外の招待選手が会見。北京五輪銅メダリストで今大会の優勝候補でもあるツェガエ・ケベデ(28=エチオピア)は「ここで結果を残して世界選手権(8月、中国・北京)に挑戦したい」と話した。

 エチオピアのゲラルバーで生まれたケベデは13人兄弟の中で5番目。一家は貧しく幼少の頃から薪拾いや家畜の世話をして家計を助けた。そもそも陸上を始めたのも、国際レースで優勝して大金を稼ぎたかったからだという。

 貧しかった幼少時を振り返りながらケベデは自らの半生をこう語った。

「誰でも貧乏な家庭に生まれたくて生まれてきたわけではない。誰でも働けば苦しい生活から抜け出すことはできるので、自分の人生に勝つために努力してきた。僕はマラソンによって自分で自分の人生を改善したんだ。目標があって働けば、誰でもそこに到達できると思ってやってきたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事