東京マラソン優勝候補ケベデ “脱貧困”目指し走った半生

公開日: 更新日:

 日本男子マラソンの低迷は、単にアフリカ勢との身体能力や心肺機能の差だけではなさそうだ。

 20日、東京マラソン(22日9時10分スタート)に出場する国内外の招待選手が会見。北京五輪銅メダリストで今大会の優勝候補でもあるツェガエ・ケベデ(28=エチオピア)は「ここで結果を残して世界選手権(8月、中国・北京)に挑戦したい」と話した。

 エチオピアのゲラルバーで生まれたケベデは13人兄弟の中で5番目。一家は貧しく幼少の頃から薪拾いや家畜の世話をして家計を助けた。そもそも陸上を始めたのも、国際レースで優勝して大金を稼ぎたかったからだという。

 貧しかった幼少時を振り返りながらケベデは自らの半生をこう語った。

「誰でも貧乏な家庭に生まれたくて生まれてきたわけではない。誰でも働けば苦しい生活から抜け出すことはできるので、自分の人生に勝つために努力してきた。僕はマラソンによって自分で自分の人生を改善したんだ。目標があって働けば、誰でもそこに到達できると思ってやってきたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  8. 8

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る