東京マラソン優勝候補ケベデ “脱貧困”目指し走った半生

公開日: 更新日:

 日本男子マラソンの低迷は、単にアフリカ勢との身体能力や心肺機能の差だけではなさそうだ。

 20日、東京マラソン(22日9時10分スタート)に出場する国内外の招待選手が会見。北京五輪銅メダリストで今大会の優勝候補でもあるツェガエ・ケベデ(28=エチオピア)は「ここで結果を残して世界選手権(8月、中国・北京)に挑戦したい」と話した。

 エチオピアのゲラルバーで生まれたケベデは13人兄弟の中で5番目。一家は貧しく幼少の頃から薪拾いや家畜の世話をして家計を助けた。そもそも陸上を始めたのも、国際レースで優勝して大金を稼ぎたかったからだという。

 貧しかった幼少時を振り返りながらケベデは自らの半生をこう語った。

「誰でも貧乏な家庭に生まれたくて生まれてきたわけではない。誰でも働けば苦しい生活から抜け出すことはできるので、自分の人生に勝つために努力してきた。僕はマラソンによって自分で自分の人生を改善したんだ。目標があって働けば、誰でもそこに到達できると思ってやってきたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る