白鵬は“変化”否定 稀勢の里戦で噴出した空虚な「相撲道」論争

公開日: 更新日:

 春場所は白鵬日馬富士を寄り切って6連覇(自身2度目)と、史上最多を更新する34回目の優勝を決めて幕を閉じた。

 白鵬は「初場所に(優勝回数の)新記録を達成して、それにふさわしい優勝。1つ、2つ上に行ったような相撲内容だった」と自画自賛したが、14日目の大関・稀勢の里戦での立ち合い右変化には、会場から猛烈な罵声が飛んだ。13日目はモンゴル関脇・照ノ富士に寄り切られ、連敗が許されない。しかも相手は、38勝11敗と苦手にしている大関だ。北の湖理事長は「思ってやっていたなら横綱らしくないが、とっさならしょうがない」と言った。

 当の白鵬は23日、優勝から一夜明けた会見で14日目の一番について、「そう思われるならしょうがない。残念です」としながらも、身振り手振りを交え「自分の中では変化じゃない!」と断言。「皆さんにはもう少し相撲を勉強してもらいたい」と苦言を呈し、稀勢の里戦後に会場から飛び交ったヤジにクギを刺した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る