過去には“放送事故”も 白鵬の「優勝インタビュー」に戦々恐々

公開日: 更新日:

 おそらく優勝は確実。問題はその後だ。

 初日から無敗と破竹の快進撃を続けている横綱白鵬(30)。12日目も大関琴奨菊を難なく寄り切り、34度目のVは時間の問題だ。

 いまだにマスコミの取材を拒否し、発した言葉といえば初日の「下がって」と、11日目の「どけよ」くらい。しかし、優勝すればそうもいかない。千秋楽でのNHKのインタビューは優勝力士の義務だからだ。

 そこで何を言うのか、今から気を揉んでいるのが相撲協会である。

 白鵬が口を閉ざすきっかけとなったのが、初場所後の審判部批判。「肌の色は関係ない」と、人種差別があることまでほのめかした。協会そのものに不満を持っているのだから、それこそどんな言葉が出るのか、わかったもんじゃない。ただでさえ、おしゃべり好きの横綱だけに、これまで沈黙していた鬱憤もあるだろう。北の湖理事長(元横綱)は「もう済んだこと」と騒動を鎮火させようとしているが、すっかり意固地になっている白鵬の言葉によってはそれも水の泡となりかねないから気が気じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る