過去には“放送事故”も 白鵬の「優勝インタビュー」に戦々恐々

公開日:  更新日:

 おそらく優勝は確実。問題はその後だ。

 初日から無敗と破竹の快進撃を続けている横綱白鵬(30)。12日目も大関琴奨菊を難なく寄り切り、34度目のVは時間の問題だ。

 いまだにマスコミの取材を拒否し、発した言葉といえば初日の「下がって」と、11日目の「どけよ」くらい。しかし、優勝すればそうもいかない。千秋楽でのNHKのインタビューは優勝力士の義務だからだ。

 そこで何を言うのか、今から気を揉んでいるのが相撲協会である。

 白鵬が口を閉ざすきっかけとなったのが、初場所後の審判部批判。「肌の色は関係ない」と、人種差別があることまでほのめかした。協会そのものに不満を持っているのだから、それこそどんな言葉が出るのか、わかったもんじゃない。ただでさえ、おしゃべり好きの横綱だけに、これまで沈黙していた鬱憤もあるだろう。北の湖理事長(元横綱)は「もう済んだこと」と騒動を鎮火させようとしているが、すっかり意固地になっている白鵬の言葉によってはそれも水の泡となりかねないから気が気じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る