白鵬はダンマリの理由語らず 依然くすぶる審判部との“火種”

公開日: 更新日:

 釈然としない会見だった。

 23日に行われた横綱白鵬(30)の優勝一夜明け会見。千秋楽のインタビューやNHKのスポーツ番組には対応していただけに、これまで無言を貫いてきた相撲担当記者たちと、どんな言葉を交わすのか注目されていた。

 が、フタを開ければ何のことはない。「照ノ富士はどうだったか」「先場所の優勝は今場所に影響したのか」などと、当たり前の質問がほとんどだった。

「事前にマスコミ各社に『質問は相撲のことだけに限る』と通達があったと聞いている。審判部批判を突っ込まれ、問題がぶり返されるのを避けたかったのでしょう」(放送関係者)

 白鵬は審判部批判に関して、「親方を通じてね……北の湖理事長とよく話をしたうえで終わったことなので」と多くを語らず。沈黙については「やっぱり思いはたくさんありますけど、まあ、それが伝わらなかった」と話したが、「思い」も何も、審判部批判でバッシングされ、ヘソを曲げていたのは明らかだ。角界OBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  3. 3

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  7. 7

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  8. 8

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  9. 9

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  10. 10

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

もっと見る