白鵬はダンマリの理由語らず 依然くすぶる審判部との“火種”

公開日:  更新日:

 釈然としない会見だった。

 23日に行われた横綱白鵬(30)の優勝一夜明け会見。千秋楽のインタビューやNHKのスポーツ番組には対応していただけに、これまで無言を貫いてきた相撲担当記者たちと、どんな言葉を交わすのか注目されていた。

 が、フタを開ければ何のことはない。「照ノ富士はどうだったか」「先場所の優勝は今場所に影響したのか」などと、当たり前の質問がほとんどだった。

「事前にマスコミ各社に『質問は相撲のことだけに限る』と通達があったと聞いている。審判部批判を突っ込まれ、問題がぶり返されるのを避けたかったのでしょう」(放送関係者)

 白鵬は審判部批判に関して、「親方を通じてね……北の湖理事長とよく話をしたうえで終わったことなので」と多くを語らず。沈黙については「やっぱり思いはたくさんありますけど、まあ、それが伝わらなかった」と話したが、「思い」も何も、審判部批判でバッシングされ、ヘソを曲げていたのは明らかだ。角界OBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る