白鵬はダンマリの理由語らず 依然くすぶる審判部との“火種”

公開日: 更新日:

 釈然としない会見だった。

 23日に行われた横綱白鵬(30)の優勝一夜明け会見。千秋楽のインタビューやNHKのスポーツ番組には対応していただけに、これまで無言を貫いてきた相撲担当記者たちと、どんな言葉を交わすのか注目されていた。

 が、フタを開ければ何のことはない。「照ノ富士はどうだったか」「先場所の優勝は今場所に影響したのか」などと、当たり前の質問がほとんどだった。

「事前にマスコミ各社に『質問は相撲のことだけに限る』と通達があったと聞いている。審判部批判を突っ込まれ、問題がぶり返されるのを避けたかったのでしょう」(放送関係者)

 白鵬は審判部批判に関して、「親方を通じてね……北の湖理事長とよく話をしたうえで終わったことなので」と多くを語らず。沈黙については「やっぱり思いはたくさんありますけど、まあ、それが伝わらなかった」と話したが、「思い」も何も、審判部批判でバッシングされ、ヘソを曲げていたのは明らかだ。角界OBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  5. 5

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

  10. 10

    アメとムチを使い分け…剛腕・滝沢秀明副社長の孤軍奮闘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る