U-22はリオ五輪1次予選突破も 代表“底上げ”の役目果たせず

公開日: 更新日:

 U―22(22歳以下)日本代表が、16年リオ五輪アジア1次予選の最終戦(3月31日)でマレーシアを1―0で下した。

 前半41分、久保裕也(21=スイス・ヤングボーイズ)が左クロスを頭で合わせて先制ゴール。格下相手になんとか奪ったこの1点を守り切り、同予選I組を首位通過。来年1月にカタールで開催される最終予選(出場16カ国)に駒を進めた。

 とりあえずは第一関門突破というワケだが、最終予選には1次予選で戦ったような弱小国は皆無。本大会出場枠3をめぐって苦戦は免れず、96年アトランタ大会以来の連続出場が途切れる可能性もある。「リオ五輪出場に悲観的観測が出ること自体、いかにU―22代表の選手たちが小粒かということです」とはスポーツライターの平野史氏。

「欧州組のFW久保と南野(20=ザルツブルク)も1次予選で際立った活躍を見せられず、ベトナム戦2ゴールの背番号10MF中島(20=東京)、強烈シュートがウリのMF野津田(20=広島)ら主軸は所属クラブで出番に恵まれず、身長185センチの大型FW鈴木(21=新潟)、U―22代表で正ボランチを組んでいる大島(22=川崎F)と遠藤(22=湘南)は、クラブでもレギュラーとしてプレーしているが、かといってA代表に選ばれて代表レギュラー陣を脅かすような存在ではない。日本代表のレベルアップには若年層の突き上げが必要不可欠ですが、現22歳以下代表は、その機能を果たしていません」

 日本代表ハリルホジッチ監督は、22歳以下代表の手倉森監督に「1次予選3試合のDVDは必ず見る」と確約した。

 しかし、DVDを見ながら指揮官は、恐らくタメ息しか出てこないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る