• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1トップで機能せず…FW鈴木武蔵はイラク戦完敗の“戦犯”

 アジア大会(韓国・仁川)でサッカーU―21(21歳以下)日本代表が17日、1次リーグD組の2戦目の相手、イラク代表に1-3の力負けを喫した。

 それにしてもイラクの強さばかりが目立った。前半12分、明大DF室屋のクリアミスを拾った18歳MFフマムが先制ゴール。1―1で迎えた後半3分に2点目を叩き込まれ、27分には強烈FKを決められた。日本はMF矢島(浦和)、MF中島(FC東京)らが決定機をことごとく外し、終わってみればスコア差以上の完敗劇である。

「責任の一端は1トップでプレーしたFW鈴木武蔵(新潟)のデキの悪さにある」とはサッカーライター・平野史氏だ。

「ジャマイカ人の父と日本人の母の間に生まれたハーフで身長185センチとフィジカルに恵まれ、サイズの割にはスピードがあり、足元の技術も悪くありません。しかし、イラク戦では前線でキープしてタメをつくり、アタッカー陣との連係で攻撃を活性化させ、自ら積極的にシュートを放つという1トップの役割が果たせていなかった。アジア大会初戦のクウェート戦で2ゴールを決め、各メディアは『宿敵イラクを蹴散らし、五輪で結果を残せばA代表からも声が掛かる』と絶賛したが、あまりにも無定見に持ち上げ過ぎです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る