1トップで機能せず…FW鈴木武蔵はイラク戦完敗の“戦犯”

公開日:  更新日:

 アジア大会(韓国・仁川)でサッカーU―21(21歳以下)日本代表が17日、1次リーグD組の2戦目の相手、イラク代表に1-3の力負けを喫した。

 それにしてもイラクの強さばかりが目立った。前半12分、明大DF室屋のクリアミスを拾った18歳MFフマムが先制ゴール。1―1で迎えた後半3分に2点目を叩き込まれ、27分には強烈FKを決められた。日本はMF矢島(浦和)、MF中島(FC東京)らが決定機をことごとく外し、終わってみればスコア差以上の完敗劇である。

「責任の一端は1トップでプレーしたFW鈴木武蔵(新潟)のデキの悪さにある」とはサッカーライター・平野史氏だ。

「ジャマイカ人の父と日本人の母の間に生まれたハーフで身長185センチとフィジカルに恵まれ、サイズの割にはスピードがあり、足元の技術も悪くありません。しかし、イラク戦では前線でキープしてタメをつくり、アタッカー陣との連係で攻撃を活性化させ、自ら積極的にシュートを放つという1トップの役割が果たせていなかった。アジア大会初戦のクウェート戦で2ゴールを決め、各メディアは『宿敵イラクを蹴散らし、五輪で結果を残せばA代表からも声が掛かる』と絶賛したが、あまりにも無定見に持ち上げ過ぎです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る