裏に大物の存在 バスケ協会トップに就く川淵氏“真の狙い”

公開日:  更新日:

 14日、日本バスケットボール協会の会長に川淵三郎氏(78)が就任することが確実になった。

 Jリーグの初代チェアマンにして、現在も日本サッカー協会最高顧問に君臨する川淵氏になぜ、白羽の矢が立ったのか。

 その経緯に触れる前にまず、バスケットボール協会の内情をおさらいしておく必要がある。

「日本には現在、企業チームを中心とする『NBL』とプロの『bjリーグ』という2つのトップリーグが国内に混在しています。これに対し、世界の協会を管轄する国際バスケットボール連盟(FIBA)は『1国1リーグ』を理想とし、08年から2つのリーグを統合するよう日本バスケ協会に求めていた。しかし、互いのリーグの既得権益がぶつかり合い、一向に事態が進展しない。業を煮やしたFIBAが昨年、ついに『10月末までに統合しなければ重大な処分を科す』と通告。事ここに至ってなお、FIBAへの回答期限の直前になってなんと、協会会長がケツをまくって辞任してしまった。怒ったFIBAが協会に対し、無期限資格停止処分を科したのです」(専門誌編集)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る