裏に大物の存在 バスケ協会トップに就く川淵氏“真の狙い”

公開日: 更新日:

 14日、日本バスケットボール協会の会長に川淵三郎氏(78)が就任することが確実になった。

 Jリーグの初代チェアマンにして、現在も日本サッカー協会最高顧問に君臨する川淵氏になぜ、白羽の矢が立ったのか。

 その経緯に触れる前にまず、バスケットボール協会の内情をおさらいしておく必要がある。

「日本には現在、企業チームを中心とする『NBL』とプロの『bjリーグ』という2つのトップリーグが国内に混在しています。これに対し、世界の協会を管轄する国際バスケットボール連盟(FIBA)は『1国1リーグ』を理想とし、08年から2つのリーグを統合するよう日本バスケ協会に求めていた。しかし、互いのリーグの既得権益がぶつかり合い、一向に事態が進展しない。業を煮やしたFIBAが昨年、ついに『10月末までに統合しなければ重大な処分を科す』と通告。事ここに至ってなお、FIBAへの回答期限の直前になってなんと、協会会長がケツをまくって辞任してしまった。怒ったFIBAが協会に対し、無期限資格停止処分を科したのです」(専門誌編集)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る