裏に大物の存在 バスケ協会トップに就く川淵氏“真の狙い”

公開日: 更新日:

「Jリーグ崩壊」などの著書があるスポーツライターの工藤健策氏がこう言う。

「Jリーグ初代チェアマンとして川淵さんには改革の旗手というイメージがあるが、私はそうは思いません。川淵さんによってJリーグは拡大政策が進み、93年の10チームから今のJ3制52クラブの大所帯になった。その結果、何が起こったか。試合のクオリティーが下がり、J2やJ3にはプロでありながら100万円、200万円に満たない年俸でプレーする選手がゴロゴロいるという格差を生んだ。日本の国土面積を考えれば明らかにキャパシティーオーバー。にもかかわらず、拡大政策を取ったのは、トップに君臨する自らの権益を広げ、守るためだと私は思っています。日本のスポーツ団体はそれぞれに競技者出身のボスが君臨していて民主主義が通用せず、当事者能力も自浄能力もゼロという団体が少なくない。今回のバスケはその典型ですが、川淵さんの会長就任はバスケに新たなボスを生むだけではないか。サッカーの世界で一丁上がりになりつつあった川淵さんに新たな食い扶持を与えるだけではないか。そんな気がしてなりません」

 川淵氏がバスケ界の“救世主”になるとは限らないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった