【CL】4強進出バイエルンの“ゲルマン魂”とは言えない強さ

公開日:  更新日:

 バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が、地元での欧州CL準々決勝・ポルト(ポルトガル)戦の第2レグ(日本時間22日早朝開始)を6―1で圧勝。敵地での1―3敗退の借りを倍返しにして、準決勝進出を決めた。

 前半14分、MFチアゴの先制ヘッドを皮切りに怒涛のゴールラッシュが始まり、前半だけで5得点の荒稼ぎ。ポルトをこてんぱんにやっつけた。

 ドイツサッカーの強さを「ゲルマン魂」という言葉で表すことがある。「苦境に陥っても諦めない心」「不撓不屈の精神力」といった意味合いだが、この「ゲルマン魂」がバイエルンの大逆転劇を生んだのだろうか? 

 かつてのドイツは体力重視のパワーサッカーを信奉し、さらに強靱なメンタルを武器に粘り強く戦った。この時に“ゲルマン魂”が引き合いに出されることが多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る