20キロ競歩世界新の鈴木雄介 勝因は「身体の効率化」の声

公開日: 更新日:

「本当は20キロに足りなかったんじゃないの?」というジョークは失礼だ。

 15日に行われた、世界陸上(8月・北京)代表選考会を兼ねた全日本競歩能美大会男子20キロで鈴木雄介(27)が1時間16分36秒の世界新記録で優勝した。

 従来の記録は、フランスのヨアン・ディニが今月8日に出した1時間17分2秒だった。ちなみに、陸上の五輪、世界選手権の実施種目で日本選手が世界記録を更新したのは2001年ベルリン・マラソンの高橋尚子以来。男子の日本選手では65年に英国のマラソン大会で重松森雄がマークして以来50年ぶりの快挙だ。

 大記録で世界陸上の代表に決まった鈴木は「自分でもびっくり。まさか世界記録までいけるとは思っていなかった。以前より確実にフォームはきれいになってきている。夢のひとつがかなった」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る