• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メッシの超絶2Gで完敗 バイエルンに巻き返す手立ては?

 CL準決勝のバルセロナ(スペイン)―バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)戦(日本時間7日早朝開始)の前日、バイエルンのグアルディオラ監督が、前日会見で相手FWメッシについて「彼は阻止不能だ。誰も彼を止めることはできない」とコメントした。ほめ殺しなのか、それとも本音なのか、真意は定かではないが、いずれにしても“予言通り”となった。

 地元バルサのサポーターたちが、無得点にじれ始めた後半32分。右サイドからのパスを受けたメッシが、利き足の左足を鋭く振り抜くとゴール右にズドンと突き刺さり、ここでバイエルン選手の集中力が途切れた。

 その3分後だった。メッシが相手右サイドを突破にかかる。相対したバイエルンDFのボアテングは、もちろんメッシの利き足を警戒する。

 ところがメッシは、一瞬の切り返しでボアテングの体勢を崩し、右足に持ち替えた時点で身長191センチの大型DFは、尻もちをついてあおむけにバタン。フリーになったメッシは、飛び出してきたGKノイアーの動きを観察しながら右足ループシュート! CL通算得点を77に伸ばし、前日にレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドが、ユベントス戦で更新したCL通算最多得点記録76を抜き返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る