メッシの超絶2Gで完敗 バイエルンに巻き返す手立ては?

公開日:  更新日:

 CL準決勝のバルセロナ(スペイン)―バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)戦(日本時間7日早朝開始)の前日、バイエルンのグアルディオラ監督が、前日会見で相手FWメッシについて「彼は阻止不能だ。誰も彼を止めることはできない」とコメントした。ほめ殺しなのか、それとも本音なのか、真意は定かではないが、いずれにしても“予言通り”となった。

 地元バルサのサポーターたちが、無得点にじれ始めた後半32分。右サイドからのパスを受けたメッシが、利き足の左足を鋭く振り抜くとゴール右にズドンと突き刺さり、ここでバイエルン選手の集中力が途切れた。

 その3分後だった。メッシが相手右サイドを突破にかかる。相対したバイエルンDFのボアテングは、もちろんメッシの利き足を警戒する。

 ところがメッシは、一瞬の切り返しでボアテングの体勢を崩し、右足に持ち替えた時点で身長191センチの大型DFは、尻もちをついてあおむけにバタン。フリーになったメッシは、飛び出してきたGKノイアーの動きを観察しながら右足ループシュート! CL通算得点を77に伸ばし、前日にレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドが、ユベントス戦で更新したCL通算最多得点記録76を抜き返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る