メッシの超絶2Gで完敗 バイエルンに巻き返す手立ては?

公開日:  更新日:

 CL準決勝のバルセロナ(スペイン)―バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)戦(日本時間7日早朝開始)の前日、バイエルンのグアルディオラ監督が、前日会見で相手FWメッシについて「彼は阻止不能だ。誰も彼を止めることはできない」とコメントした。ほめ殺しなのか、それとも本音なのか、真意は定かではないが、いずれにしても“予言通り”となった。

 地元バルサのサポーターたちが、無得点にじれ始めた後半32分。右サイドからのパスを受けたメッシが、利き足の左足を鋭く振り抜くとゴール右にズドンと突き刺さり、ここでバイエルン選手の集中力が途切れた。

 その3分後だった。メッシが相手右サイドを突破にかかる。相対したバイエルンDFのボアテングは、もちろんメッシの利き足を警戒する。

 ところがメッシは、一瞬の切り返しでボアテングの体勢を崩し、右足に持ち替えた時点で身長191センチの大型DFは、尻もちをついてあおむけにバタン。フリーになったメッシは、飛び出してきたGKノイアーの動きを観察しながら右足ループシュート! CL通算得点を77に伸ばし、前日にレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドが、ユベントス戦で更新したCL通算最多得点記録76を抜き返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る