• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本人王者の「世界統一戦」 ボクシング団体大歓迎のカラクリ

 興行的にも盛り上がるのは間違いない。

 9日にWBAバンタム級王者のマクドネルに判定負けした亀田家三男の和毅。11日に亀田陣営が両者の再戦を発表した。世界戦直後に他の対戦を挟まないダイレクトリマッチは異例のことだが、それより気になるのが長男興毅(28)の試合。7月にWBAスーパーフライ級王者河野公平(34)との対戦が決定済み。同級2位の亀田がベルトに挑むことになる。

 この2人に限らず、今後は日本人同士の世界戦、世界統一戦が増える兆候がある。

 6日にV10を達成したWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(35)に対し、WBC同級王者の三浦隆司(30)は、「(統一戦の)準備は出来ている」と豪語。

 WBC前フライ級王者の八重樫東(32)はWBA世界フライ級王者の井岡一翔(26)について「再戦をお願いしたい」と話している。両者は12年に初めて日本人同士の世界統一戦を行った因縁がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る