日本人王者の「世界統一戦」 ボクシング団体大歓迎のカラクリ

公開日:  更新日:

 興行的にも盛り上がるのは間違いない。

 9日にWBAバンタム級王者のマクドネルに判定負けした亀田家三男の和毅。11日に亀田陣営が両者の再戦を発表した。世界戦直後に他の対戦を挟まないダイレクトリマッチは異例のことだが、それより気になるのが長男興毅(28)の試合。7月にWBAスーパーフライ級王者河野公平(34)との対戦が決定済み。同級2位の亀田がベルトに挑むことになる。

 この2人に限らず、今後は日本人同士の世界戦、世界統一戦が増える兆候がある。

 6日にV10を達成したWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(35)に対し、WBC同級王者の三浦隆司(30)は、「(統一戦の)準備は出来ている」と豪語。

 WBC前フライ級王者の八重樫東(32)はWBA世界フライ級王者の井岡一翔(26)について「再戦をお願いしたい」と話している。両者は12年に初めて日本人同士の世界統一戦を行った因縁がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る