日本人王者の「世界統一戦」 ボクシング団体大歓迎のカラクリ

公開日:  更新日:

 興行的にも盛り上がるのは間違いない。

 9日にWBAバンタム級王者のマクドネルに判定負けした亀田家三男の和毅。11日に亀田陣営が両者の再戦を発表した。世界戦直後に他の対戦を挟まないダイレクトリマッチは異例のことだが、それより気になるのが長男興毅(28)の試合。7月にWBAスーパーフライ級王者河野公平(34)との対戦が決定済み。同級2位の亀田がベルトに挑むことになる。

 この2人に限らず、今後は日本人同士の世界戦、世界統一戦が増える兆候がある。

 6日にV10を達成したWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(35)に対し、WBC同級王者の三浦隆司(30)は、「(統一戦の)準備は出来ている」と豪語。

 WBC前フライ級王者の八重樫東(32)はWBA世界フライ級王者の井岡一翔(26)について「再戦をお願いしたい」と話している。両者は12年に初めて日本人同士の世界統一戦を行った因縁がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る