立ち合いで“報復”エルボー 横綱白鵬の相撲はもはやプロレス

公開日: 更新日:

「春場所で白鵬は佐田の海に一時は土俵際まで攻められたからね。白鵬は負けたり苦戦した相手を、次の本場所で痛めつけることが多い。普通、横綱の『かわいがり』といえば出稽古や巡業中に行うもの。稽古でコテンパンに叩きのめして、『この人にはかなわない』という意識を植え付ける。最初からケガをさせるような荒っぽい相撲とはわけが違う」

 相手を破壊するような「かわいがり」は朝青龍も得意としていた。白鵬はワガママ放題の朝青龍を反面教師にしていたはずだが、根っこは同じ。初場所後はご法度の審判批判をした揚げ句、これを注意されるとヘソを曲げた。横綱たる自分は何をしても許されると思い込んでいるのだ。

 マスコミも相撲協会もそんな白鵬には何も言えず、暴君化に拍車をかけている。

 いつの日か、白鵬が「けたぐり」と称して相手のヒザ関節を狙ったローキックを繰り出しても何ら不思議じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る