• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“省エネ投法”転換のオリ西勇輝 「今季初完封」が遅れた理由

「チームが連敗していたので、それを止められるように気持ちを出して投げました」

 24日のロッテ戦。今季2勝目を初完封勝利で飾った右腕は、お立ち台で満面の笑みを見せた。

 昨季は開幕からの8連勝を含め計12勝を挙げたものの、8月1日のロッテ戦を最後に5連敗。すっかり勝ち星から見放されると、チームが6年ぶりに出場を果たしたクライマックスシリーズ(CS)でも白星は飾れず、自身2度目の2ケタ勝利も素直に喜べなかった。そこで、今春キャンプでは「いかにシーズンを通して安定した成績を残すか」をテーマに方策を模索し、試行錯誤の末に出した結論が「省エネ投法」への転換だった。

「シーズン終盤までのスタミナを考えると、ボクの場合は1試合での球数を極力減らし、後ろ(の投手)に託すかでしょう。ウチには平野(佳寿)さんをはじめ、素晴らしい救援陣がいる。終盤まで試合をつくれば勝てる可能性は高いですから」(西)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る