大関昇進もお金に固執 照ノ富士を奮い立たせる“家庭の事情”

公開日:  更新日:

 おしゃべり好きでリップサービスも多い。負けた後に「ソープでゲン直しでもします」と言い、担当記者らに「ホントに?」と聞かれると、「行くわけないじゃないですか」と苦笑い。永谷園のCM出演が決まった時は満面の笑みを見せ、「何でもいいからCMに出たかった。お金をくれたら何でも(CMに)出る」と言ってのけたほどだ。

 ただ、カネに関することはホンネだろう。照ノ富士の父はモンゴルの採掘会社に勤めていたが、11年に倒産。その後、父は自ら採掘会社を起こしたものの、これも倒産してしまった。故郷に仕送りを続ける照ノ富士は今や一家の大黒柱なのだ。

 同部屋の横綱日馬富士や相撲巧者の安美錦、元横綱旭富士の伊勢ケ浜親方に鍛えられただけあって、実力は折り紙付き。年内の横綱昇進もウワサされている。

 一方で血の気が多く、気に食わないと対戦相手やファンを睨みつけることもしばしば。朝青龍を彷彿させるだけに素行も問題視されているが、伊勢ケ浜親方は「大関に上がったからにはこれまで以上に厳しくします」とピシャリ。その横で大きな体を縮こまらせていた照ノ富士を見る限り、暴君化の心配はなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る