カブス和田が緊急降板 「左肩三角筋のけいれん」

公開日: 更新日:

 ベテラン左腕に故障発生か。

 カブス・和田毅が22日(日本時間23日)のドジャース戦に先発。立ち上がり一、二回を3者凡退に抑えて迎えた三回だった。先頭ヘルナンデスに左越え本塁打を許し、続くエリスに左前打された後、マウンド上で両手を上げて筋肉をほぐすようなしぐさを見せると、左肩を押さえてベンチに異常を訴えた。通訳を交えてボシオコーチ、トレーナーと話し合った後、降板した。2回3分の0を2安打1失点だった。

 和田の降板理由について球団は公式ツイッターで「左三角筋のけいれん」と発表。明日にもシカゴ市内の病院で精密検査を受ける。

 左太ももの張りから復帰し、前回17日のインディアンス戦で今季初勝利を挙げたばかり。試合序盤はサイ・ヤング賞左腕カーショウとも互角に投げ合っていただけに、今季の和田にはツキがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

もっと見る