児玉光雄
著者のコラム一覧
児玉光雄追手門学院大学客員教授

47年兵庫生まれ。京大工学部卒業。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院に学び工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員として五輪選手のデータ分析に従事。前鹿屋体育大教授。日本スポーツ心理学会会員、日本体育学会会員。

ウィンブルドン「錦織は8強目指せ」 スポーツ心理学者が提言

公開日: 更新日:

 6月29日からウィンブルドンが始まる。今年の錦織圭のグランドスラムは、全豪オープンが準々決勝でバブリンカにストレート負け。全仏オープンも準々決勝でツォンガに5セットで敗退した。しかし私は80点の及第点を与えたい。

 言葉で表現するのは簡単だが、「(ウィンブルドン)直近のグランドスラム3大会連続ベスト8以上」の成績は、群雄割拠の男子ツアーにおいてそれほど簡単なことではない。事実これを成し遂げている選手は、ジョコビッチ、マリー、バブリンカ、錦織の4人しかいない。

 錦織自身も12年の全豪でのベスト8があるが、準優勝した昨年の全米オープンまでは、それがグランドスラムでの最高成績だったことを考えると成長ぶりがうかがえる。

 私はウィンブルドンの目標も、「優勝」ではなく「ベスト8死守」であるべきと考えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る