マー君不振も一因 ヤンキース「先発投手補強」とNYメディア

公開日: 更新日:

 先発投手の補強の噂が絶えないのがヤンキースだ。

 CBSスポーツ(電子版)は30日(日本時間1日)、ヤンキースがローテーションの底上げにレッドソックス・バックホルツ(6勝6敗)、ホワイトソックス・サマージャ(5勝4敗)の両右腕に関心を寄せていると報道。他にもフィリーズの左腕ハメルズら実績のある複数の先発投手を獲得候補に挙げているという。

 ヤンキースのローテーションは崩壊状態で、先発陣の防御率4.43はリーグ13位と低迷している。ここまで8勝(5敗)をマークしているピネダ以外は不安定な投球を続けている。中でもサバシア(3勝8敗)、田中(4勝3敗)の左右の両エースは期待を裏切っており、地元メディアがしきりに先発陣のトレード話を報じるのは当然だろう。

 その田中の次回登板は3日(日本時間4日)のレイズ戦。右腕ウォーレンがリリーフに回るため、当初の予定よりも1日早まったとはいえ、前回(6月27日)のアストロズ戦から中5日でのマウンドになる。

 エース右腕の内容次第ではキャッシュマンGMの周囲が騒がしくなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る