• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君不振も一因 ヤンキース「先発投手補強」とNYメディア

 先発投手の補強の噂が絶えないのがヤンキースだ。

 CBSスポーツ(電子版)は30日(日本時間1日)、ヤンキースがローテーションの底上げにレッドソックス・バックホルツ(6勝6敗)、ホワイトソックス・サマージャ(5勝4敗)の両右腕に関心を寄せていると報道。他にもフィリーズの左腕ハメルズら実績のある複数の先発投手を獲得候補に挙げているという。

 ヤンキースのローテーションは崩壊状態で、先発陣の防御率4.43はリーグ13位と低迷している。ここまで8勝(5敗)をマークしているピネダ以外は不安定な投球を続けている。中でもサバシア(3勝8敗)、田中(4勝3敗)の左右の両エースは期待を裏切っており、地元メディアがしきりに先発陣のトレード話を報じるのは当然だろう。

 その田中の次回登板は3日(日本時間4日)のレイズ戦。右腕ウォーレンがリリーフに回るため、当初の予定よりも1日早まったとはいえ、前回(6月27日)のアストロズ戦から中5日でのマウンドになる。

 エース右腕の内容次第ではキャッシュマンGMの周囲が騒がしくなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る