• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルト浮上のカギ 期待増す5番・雄平に「適当」のススメ

 これが復活のきっかけになるか。ヤクルトの雄平が10日のDeNA戦で勝ち越しの適時打を含む2安打を放って勝利に貢献した。

 投手から野手に転向して5年目の昨季は、自己最高の打率.316、23本塁打、90打点をマークしてブレーク。今季は開幕4番を任されるまでになったが、ここまで打率・237、4本塁打、34打点と成績は今ひとつ。8日の巨人戦ではスタメン落ちも味わった。

 チーム関係者が「とにかくマジメ」と口をそろえる性格が災いしているのかもしれない。

 先日のスタメン落ちの際、宮出打撃コーチは「まじめに一生懸命に野球をやる一方で、ダメだと思いつめて、どんどん悪い方にハマっていくところがある。ベンチから野球を見たり、練習を休ませたり、気持ちの部分で切り替えてくれたら」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る