• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチロースタメン復帰で4戦ぶり打点も勝利につながらず

 マーリンズ・イチロー(41)が久々に存在感をアピールした。

 26日(日本時間27日)のパドレス戦は「1番・右翼」でスタメン復帰。3打数無安打1打点だった。

 この日は相手の先発でキューバ出身の右腕デスパイネを打ちあぐね、最初の2打席とも内野ゴロに倒れた。が、2点を追う五回1死二、三塁の好機で、そのデスパイネの146キロの直球を捉えて左への犠飛を放ち、22日のダイヤモンドバックス戦以来、4試合ぶりの打点を叩き出した。

 今季ここまで14打点を挙げているとはいえ、チームへの貢献度は低い。イチローが打点をマークした12試合は4勝8敗と大きく負け越している。もちろん、起用法が定まらなかったり、チームのリリーフ陣が終盤に打ち込まれたりと、必ずしも本人だけの責任ではないものの、イチローのバットはチームの勝利には直結していないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る