• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチロースタメン復帰で4戦ぶり打点も勝利につながらず

 マーリンズ・イチロー(41)が久々に存在感をアピールした。

 26日(日本時間27日)のパドレス戦は「1番・右翼」でスタメン復帰。3打数無安打1打点だった。

 この日は相手の先発でキューバ出身の右腕デスパイネを打ちあぐね、最初の2打席とも内野ゴロに倒れた。が、2点を追う五回1死二、三塁の好機で、そのデスパイネの146キロの直球を捉えて左への犠飛を放ち、22日のダイヤモンドバックス戦以来、4試合ぶりの打点を叩き出した。

 今季ここまで14打点を挙げているとはいえ、チームへの貢献度は低い。イチローが打点をマークした12試合は4勝8敗と大きく負け越している。もちろん、起用法が定まらなかったり、チームのリリーフ陣が終盤に打ち込まれたりと、必ずしも本人だけの責任ではないものの、イチローのバットはチームの勝利には直結していないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

もっと見る