専大松戸を初の甲子園へ 持丸修一監督が明かす“苦節8年”

公開日: 更新日:

 甲子園初出場の専大松戸(千葉)。持丸修一監督(67)にとっては、常総学院(茨城)を率いた07年以来の甲子園だ。竜ケ崎一、藤代(いずれも茨城)などを計7回、甲子園に導いた手腕を買われて専大松戸の監督に就任したのが07年暮れ。8年目にしてようやく悲願を達成したベテラン監督に、ここまでの苦労を聞いた。

――強豪常総から甲子園に一度も出場したことのない松戸市の学校に就任。苦労はしませんでしたか。

「そりゃ、ありましたよ。常総に比べたら、練習の仕方やグラウンドの状況その他、環境を含めて何から何まで違う。年数は忘れましたが、何年か連続で初戦負けしていたこともある野球部でしたからね。就任して3年くらいは甲子園の話はしませんでした。話をしたところで、甲子園を夢見ることさえできないくらいの力しかありませんでしたから。私も『いつかは甲子園に』とは思っていましたけど、最初からそう思っていたわけではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  10. 9

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る