専大松戸を初の甲子園へ 持丸修一監督が明かす“苦節8年”

公開日:  更新日:

 甲子園初出場の専大松戸(千葉)。持丸修一監督(67)にとっては、常総学院(茨城)を率いた07年以来の甲子園だ。竜ケ崎一、藤代(いずれも茨城)などを計7回、甲子園に導いた手腕を買われて専大松戸の監督に就任したのが07年暮れ。8年目にしてようやく悲願を達成したベテラン監督に、ここまでの苦労を聞いた。

――強豪常総から甲子園に一度も出場したことのない松戸市の学校に就任。苦労はしませんでしたか。

「そりゃ、ありましたよ。常総に比べたら、練習の仕方やグラウンドの状況その他、環境を含めて何から何まで違う。年数は忘れましたが、何年か連続で初戦負けしていたこともある野球部でしたからね。就任して3年くらいは甲子園の話はしませんでした。話をしたところで、甲子園を夢見ることさえできないくらいの力しかありませんでしたから。私も『いつかは甲子園に』とは思っていましたけど、最初からそう思っていたわけではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る