専大松戸を初の甲子園へ 持丸修一監督が明かす“苦節8年”

公開日:  更新日:

 甲子園初出場の専大松戸(千葉)。持丸修一監督(67)にとっては、常総学院(茨城)を率いた07年以来の甲子園だ。竜ケ崎一、藤代(いずれも茨城)などを計7回、甲子園に導いた手腕を買われて専大松戸の監督に就任したのが07年暮れ。8年目にしてようやく悲願を達成したベテラン監督に、ここまでの苦労を聞いた。

――強豪常総から甲子園に一度も出場したことのない松戸市の学校に就任。苦労はしませんでしたか。

「そりゃ、ありましたよ。常総に比べたら、練習の仕方やグラウンドの状況その他、環境を含めて何から何まで違う。年数は忘れましたが、何年か連続で初戦負けしていたこともある野球部でしたからね。就任して3年くらいは甲子園の話はしませんでした。話をしたところで、甲子園を夢見ることさえできないくらいの力しかありませんでしたから。私も『いつかは甲子園に』とは思っていましたけど、最初からそう思っていたわけではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る