• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

専大松戸を初の甲子園へ 持丸修一監督が明かす“苦節8年”

 甲子園初出場の専大松戸(千葉)。持丸修一監督(67)にとっては、常総学院(茨城)を率いた07年以来の甲子園だ。竜ケ崎一、藤代(いずれも茨城)などを計7回、甲子園に導いた手腕を買われて専大松戸の監督に就任したのが07年暮れ。8年目にしてようやく悲願を達成したベテラン監督に、ここまでの苦労を聞いた。

――強豪常総から甲子園に一度も出場したことのない松戸市の学校に就任。苦労はしませんでしたか。

「そりゃ、ありましたよ。常総に比べたら、練習の仕方やグラウンドの状況その他、環境を含めて何から何まで違う。年数は忘れましたが、何年か連続で初戦負けしていたこともある野球部でしたからね。就任して3年くらいは甲子園の話はしませんでした。話をしたところで、甲子園を夢見ることさえできないくらいの力しかありませんでしたから。私も『いつかは甲子園に』とは思っていましたけど、最初からそう思っていたわけではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る