ハム大谷が4号ソロ 母校・花巻東の初戦突破に“祝砲”

公開日: 更新日:

 5月19日以来の本塁打となる4号ソロを放ったのが日本ハム大谷翔平だ。

 7日の対楽天戦。5点リードの八回に代打で打席へ。1ボールからの2球目、高めストレートを振り抜き、右中間スタンドに放り込んだ。

「先頭だったので塁に出たいと思っていた。詰まり気味だったので、入るかどうかはわかりませんでしたけど」とは試合後の本人だ。

 この日は夏の甲子園大会で、母校の花巻東(岩手)が専大松戸(千葉)に4-2で勝利。先発のドラフト候補左腕・高橋は専大松戸打線に8安打を浴びながら10奪三振で完投。打っては相手守備陣の野選に付け込むなど4安打4得点と効率の良い攻めを見せた。

 そんな母校の活躍に刺激されたのか、このところ精彩を欠いていたバットで久々に見せた。二刀流復活のきっかけになるのかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る