宿敵ナダル撃破のツケか…錦織の“パンク”を専門家が分析

公開日:  更新日:

 原因は「エンジン」トラブルか。

 現地15日に行われたテニスのロジャーズ杯準決勝で、錦織圭(25・世界ランク4位)は同3位のマリー(英国・28)に3-6、0-6で完敗した。一方的に押された第2セットでは足が止まり、追いつけるボールを見送る場面が何度も見られ、会場からはブーイングも起きた。

 前日は、過去7戦全敗だったナダル(スペイン・29=同9位)を6-2、6-4で撃破。完ぺきといえる内容で、唯一勝てなかったビッグ4の最後の1人を倒した。マリー戦は接戦が予想されていたが、この日は全くの別人だった。

 試合後の錦織は詳細を明かさなかったものの、「第1セット途中から)痛みが出たのが残念」と語り、次戦(ウエスタン・サザンOP=マスターズ1000)は欠場。31日開幕の全米オープンに備えることになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る