ガトリンが潜在能力認めるも…サニブラウンが抱える「課題」

公開日: 更新日:

 世界陸上男子200メートル予選4組に出場し、100メートル銀メダルのガトリンに次ぐ2位で準決勝に進出したサニブラウン・アブデル・ハキーム(城西高2年)には、決勝進出どころか、入賞の期待も高まってきた。

 7月の世界ユースで100メートル(10秒28)、200メートル(20秒34)の2冠を達成。200メートルではウサイン・ボルト(29・ジャマイカ)の20秒40を抜いて大会記録を更新し、世界中の注目を集めた。海外のトップランナーも将来性を高く評価しており、今回同組で走ったジャスティン・ガトリン(33・米国)は以前「腕を振る位置を下げれば、もっとタイムは上がるだろう」と潜在能力の高さを認めていたほどだ。

 長い足を生かしたストライド(歩幅が大きい)走法が持ち味。世界のトップレベルを相手にするには技術の改良に加えて精神面、肉体面の強化も課題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  2. 2

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  3. 3

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  4. 4

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

  9. 9

    岸部四郎さんは楽器できず…タンバリンに音が出ない細工を

  10. 10

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

もっと見る