200m決勝進出逃したサニブラウン 「2人目の日本人」の可能性

公開日: 更新日:

 世界陸上男子200メートル準決勝で、サニブラウン・ハキーム(16=城西高2年)は20秒47で2組5着に終わり、05年にU・ボルト(29=ジャマイカ)が記録した18歳355日を抜く大会最年少決勝進出はならなかった。

 同組1着のJ・ガトリン(33=米国)は19秒87。3組1着ボルトは19秒95で、ともに決勝に進んだ。

 レース後のサニブラウンは「やっぱり強いなと改めて感じた。昨日一本走っているので緊張はなかったが、いつもより疲労が違うのできつかった。後半は(フォームが)バラバラになった」と語った。

 序盤はガトリンに並ぶ走りを見せるも、後半に失速したのは、本人が言うように疲れや上半身に改善の余地が多いフォームのせいだ。まだ16歳だけに伸びしろも大きい。

 男子200メートルは03年パリ大会で末続慎吾が3位になった。日本人がこの種目でメダルを取るのは初めてだったが、以後は途絶えている。もちろん五輪では皆無だ。

 父がガーナ人で母が短距離の選手だったアフリカ系ハーフなら「2人目の日本人」になれる可能性はある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る