• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

200m決勝進出逃したサニブラウン 「2人目の日本人」の可能性

 世界陸上男子200メートル準決勝で、サニブラウン・ハキーム(16=城西高2年)は20秒47で2組5着に終わり、05年にU・ボルト(29=ジャマイカ)が記録した18歳355日を抜く大会最年少決勝進出はならなかった。

 同組1着のJ・ガトリン(33=米国)は19秒87。3組1着ボルトは19秒95で、ともに決勝に進んだ。

 レース後のサニブラウンは「やっぱり強いなと改めて感じた。昨日一本走っているので緊張はなかったが、いつもより疲労が違うのできつかった。後半は(フォームが)バラバラになった」と語った。

 序盤はガトリンに並ぶ走りを見せるも、後半に失速したのは、本人が言うように疲れや上半身に改善の余地が多いフォームのせいだ。まだ16歳だけに伸びしろも大きい。

 男子200メートルは03年パリ大会で末続慎吾が3位になった。日本人がこの種目でメダルを取るのは初めてだったが、以後は途絶えている。もちろん五輪では皆無だ。

 父がガーナ人で母が短距離の選手だったアフリカ系ハーフなら「2人目の日本人」になれる可能性はある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

もっと見る