200m決勝進出逃したサニブラウン 「2人目の日本人」の可能性

公開日:  更新日:

 世界陸上男子200メートル準決勝で、サニブラウン・ハキーム(16=城西高2年)は20秒47で2組5着に終わり、05年にU・ボルト(29=ジャマイカ)が記録した18歳355日を抜く大会最年少決勝進出はならなかった。

 同組1着のJ・ガトリン(33=米国)は19秒87。3組1着ボルトは19秒95で、ともに決勝に進んだ。

 レース後のサニブラウンは「やっぱり強いなと改めて感じた。昨日一本走っているので緊張はなかったが、いつもより疲労が違うのできつかった。後半は(フォームが)バラバラになった」と語った。

 序盤はガトリンに並ぶ走りを見せるも、後半に失速したのは、本人が言うように疲れや上半身に改善の余地が多いフォームのせいだ。まだ16歳だけに伸びしろも大きい。

 男子200メートルは03年パリ大会で末続慎吾が3位になった。日本人がこの種目でメダルを取るのは初めてだったが、以後は途絶えている。もちろん五輪では皆無だ。

 父がガーナ人で母が短距離の選手だったアフリカ系ハーフなら「2人目の日本人」になれる可能性はある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る