200m決勝進出逃したサニブラウン 「2人目の日本人」の可能性

公開日: 更新日:

 世界陸上男子200メートル準決勝で、サニブラウン・ハキーム(16=城西高2年)は20秒47で2組5着に終わり、05年にU・ボルト(29=ジャマイカ)が記録した18歳355日を抜く大会最年少決勝進出はならなかった。

 同組1着のJ・ガトリン(33=米国)は19秒87。3組1着ボルトは19秒95で、ともに決勝に進んだ。

 レース後のサニブラウンは「やっぱり強いなと改めて感じた。昨日一本走っているので緊張はなかったが、いつもより疲労が違うのできつかった。後半は(フォームが)バラバラになった」と語った。

 序盤はガトリンに並ぶ走りを見せるも、後半に失速したのは、本人が言うように疲れや上半身に改善の余地が多いフォームのせいだ。まだ16歳だけに伸びしろも大きい。

 男子200メートルは03年パリ大会で末続慎吾が3位になった。日本人がこの種目でメダルを取るのは初めてだったが、以後は途絶えている。もちろん五輪では皆無だ。

 父がガーナ人で母が短距離の選手だったアフリカ系ハーフなら「2人目の日本人」になれる可能性はある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る