一口馬主と同じ? エンゼルス左腕ヒーニーが「株式銘柄」に

公開日: 更新日:

 米国というのはここまでやるのか。米投資会社のファンテックスは10日、大リーグ・エンゼルスの先発左腕アンドルー・ヒーニー(24)の、選手価値を株式として売買することを発表した。

 すでに同社は、NFL(プロフットボール)テキサンズのA・フォスターと契約。メジャーリーガーとの契約は初めてだが、その内容をざっと説明するとこうだ。

 投資会社は、今後ヒーニーが得る収入の10%を所有できる権利を334万ドル(約4億円)で購入。総額の数十%を証券化して販売する。ヒーニーが好成績を残して、用具やウエアなどのスポンサー契約が増えれば株価が上がるというわけだが、成績が悪かったり、故障すれば株価は一気に下がる。

 ヒーニーの株がいつ販売されるかなど、詳細は未定だが、選手の価値まで株式にしてしまうのは「投資先進国」の米国らしいところ。メジャー事情に詳しい友成那智氏はこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る