「由伸2世」慶大・谷田 プロスカウト“掛け値なし”の評価

公開日:  更新日:

 スポーツ紙が「由伸2世」とかまびすしい。

 14日の立大戦で3試合連続本塁打を放った慶大の4番打者・谷田成吾外野手(4年=慶応)のことだ。

 春のリーグ戦は打率1割4分6厘と低迷したものの、大学最後のリーグ戦はここまで3試合で4割1分7厘、3本塁打、9打点と振れている。OBの高橋由伸(巨人)を彷彿とさせるスラッガーという触れ込みだ。

「パワーが売りの選手だが、春まではスイングが大きく、変化球に体勢を崩されて空振りするケースが目立った。それがグリップの位置を下げたことでスイングがコンパクトになり、体勢を崩されてもファウルで逃げられるようになった。春に比べれば欠点は少なくなりましたけど……」と、ある球団のスカウトがこう続ける。

「ボールの見極めが苦手なんです。まだ、ワンバウンドの変化球を打ちにいったりする。選球眼というか、ボール球にも反応してしまう点は、鍛えてもそう変わらない。これからリーグ戦で打ちまくったとしても、3位で指名する球団があるかどうかでしょう」

 高橋由伸とはモノが違うと言うのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る