• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「由伸2世」慶大・谷田 プロスカウト“掛け値なし”の評価

 スポーツ紙が「由伸2世」とかまびすしい。

 14日の立大戦で3試合連続本塁打を放った慶大の4番打者・谷田成吾外野手(4年=慶応)のことだ。

 春のリーグ戦は打率1割4分6厘と低迷したものの、大学最後のリーグ戦はここまで3試合で4割1分7厘、3本塁打、9打点と振れている。OBの高橋由伸(巨人)を彷彿とさせるスラッガーという触れ込みだ。

「パワーが売りの選手だが、春まではスイングが大きく、変化球に体勢を崩されて空振りするケースが目立った。それがグリップの位置を下げたことでスイングがコンパクトになり、体勢を崩されてもファウルで逃げられるようになった。春に比べれば欠点は少なくなりましたけど……」と、ある球団のスカウトがこう続ける。

「ボールの見極めが苦手なんです。まだ、ワンバウンドの変化球を打ちにいったりする。選球眼というか、ボール球にも反応してしまう点は、鍛えてもそう変わらない。これからリーグ戦で打ちまくったとしても、3位で指名する球団があるかどうかでしょう」

 高橋由伸とはモノが違うと言うのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る