「由伸2世」慶大・谷田 プロスカウト“掛け値なし”の評価

公開日:  更新日:

 スポーツ紙が「由伸2世」とかまびすしい。

 14日の立大戦で3試合連続本塁打を放った慶大の4番打者・谷田成吾外野手(4年=慶応)のことだ。

 春のリーグ戦は打率1割4分6厘と低迷したものの、大学最後のリーグ戦はここまで3試合で4割1分7厘、3本塁打、9打点と振れている。OBの高橋由伸(巨人)を彷彿とさせるスラッガーという触れ込みだ。

「パワーが売りの選手だが、春まではスイングが大きく、変化球に体勢を崩されて空振りするケースが目立った。それがグリップの位置を下げたことでスイングがコンパクトになり、体勢を崩されてもファウルで逃げられるようになった。春に比べれば欠点は少なくなりましたけど……」と、ある球団のスカウトがこう続ける。

「ボールの見極めが苦手なんです。まだ、ワンバウンドの変化球を打ちにいったりする。選球眼というか、ボール球にも反応してしまう点は、鍛えてもそう変わらない。これからリーグ戦で打ちまくったとしても、3位で指名する球団があるかどうかでしょう」

 高橋由伸とはモノが違うと言うのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る