• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「由伸2世」慶大・谷田 プロスカウト“掛け値なし”の評価

 スポーツ紙が「由伸2世」とかまびすしい。

 14日の立大戦で3試合連続本塁打を放った慶大の4番打者・谷田成吾外野手(4年=慶応)のことだ。

 春のリーグ戦は打率1割4分6厘と低迷したものの、大学最後のリーグ戦はここまで3試合で4割1分7厘、3本塁打、9打点と振れている。OBの高橋由伸(巨人)を彷彿とさせるスラッガーという触れ込みだ。

「パワーが売りの選手だが、春まではスイングが大きく、変化球に体勢を崩されて空振りするケースが目立った。それがグリップの位置を下げたことでスイングがコンパクトになり、体勢を崩されてもファウルで逃げられるようになった。春に比べれば欠点は少なくなりましたけど……」と、ある球団のスカウトがこう続ける。

「ボールの見極めが苦手なんです。まだ、ワンバウンドの変化球を打ちにいったりする。選球眼というか、ボール球にも反応してしまう点は、鍛えてもそう変わらない。これからリーグ戦で打ちまくったとしても、3位で指名する球団があるかどうかでしょう」

 高橋由伸とはモノが違うと言うのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る