白熱「日本女子OP」に霞んだ男子「東海クラシック」の録画放送

公開日:  更新日:

【トップ杯東海クラシック】

 最終日は通算12アンダーで並んだ金亨成(35)と片山晋呉(42)の2人がプレーオフに突入。18番パー4(470ヤード)で行われた2ホール目に残り214ヤードをピンそば1メートルにつけてバーディーを奪った金が、残り180ヤードからグリーン左奥へ外した片山を下して今季初、ツアー通算4勝目を決めた。

 男子大会の試合模様は東海テレビとフジテレビ系列28局ネットで録画中継された。放送時間はすでに試合が終わった午後4時5分から5時35分まで。

 ちょうどNHKがライブ中継した日本女子オープンの手に汗握る白熱したプレーオフの真っ最中だった。

 評論家の河北俊正氏が、「東海クラシックの視聴率が心配です」とこう続ける。

「男子大会の展開はツイッターでチェックしていたから、おおよその行方はわかっていました。だから日本女子オープンのライブ中継が終わってから、どんな内容だったのか男子大会にチャンネルを合わせるつもりでいたのです。ところが、女子大会のプレーオフが延々2時間近くも続いたので、その前に男子大会の放送が終わってしまい見ることができなかった。かねてゴルフ中継はライブ放送にすべきだと感じており、地上波でなくてもBSでもできるはずなのに、不思議なことにテレビ局は一向に変えようとしない。テレビ局はスポンサーの気持ちはよくわかっても、ライブ中継を見たいというゴルフファンの心理をわかっていないようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る