• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

白熱「日本女子OP」に霞んだ男子「東海クラシック」の録画放送

【トップ杯東海クラシック】

 最終日は通算12アンダーで並んだ金亨成(35)と片山晋呉(42)の2人がプレーオフに突入。18番パー4(470ヤード)で行われた2ホール目に残り214ヤードをピンそば1メートルにつけてバーディーを奪った金が、残り180ヤードからグリーン左奥へ外した片山を下して今季初、ツアー通算4勝目を決めた。

 男子大会の試合模様は東海テレビとフジテレビ系列28局ネットで録画中継された。放送時間はすでに試合が終わった午後4時5分から5時35分まで。

 ちょうどNHKがライブ中継した日本女子オープンの手に汗握る白熱したプレーオフの真っ最中だった。

 評論家の河北俊正氏が、「東海クラシックの視聴率が心配です」とこう続ける。

「男子大会の展開はツイッターでチェックしていたから、おおよその行方はわかっていました。だから日本女子オープンのライブ中継が終わってから、どんな内容だったのか男子大会にチャンネルを合わせるつもりでいたのです。ところが、女子大会のプレーオフが延々2時間近くも続いたので、その前に男子大会の放送が終わってしまい見ることができなかった。かねてゴルフ中継はライブ放送にすべきだと感じており、地上波でなくてもBSでもできるはずなのに、不思議なことにテレビ局は一向に変えようとしない。テレビ局はスポンサーの気持ちはよくわかっても、ライブ中継を見たいというゴルフファンの心理をわかっていないようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る