白熱「日本女子OP」に霞んだ男子「東海クラシック」の録画放送

公開日:  更新日:

【トップ杯東海クラシック】

 最終日は通算12アンダーで並んだ金亨成(35)と片山晋呉(42)の2人がプレーオフに突入。18番パー4(470ヤード)で行われた2ホール目に残り214ヤードをピンそば1メートルにつけてバーディーを奪った金が、残り180ヤードからグリーン左奥へ外した片山を下して今季初、ツアー通算4勝目を決めた。

 男子大会の試合模様は東海テレビとフジテレビ系列28局ネットで録画中継された。放送時間はすでに試合が終わった午後4時5分から5時35分まで。

 ちょうどNHKがライブ中継した日本女子オープンの手に汗握る白熱したプレーオフの真っ最中だった。

 評論家の河北俊正氏が、「東海クラシックの視聴率が心配です」とこう続ける。

「男子大会の展開はツイッターでチェックしていたから、おおよその行方はわかっていました。だから日本女子オープンのライブ中継が終わってから、どんな内容だったのか男子大会にチャンネルを合わせるつもりでいたのです。ところが、女子大会のプレーオフが延々2時間近くも続いたので、その前に男子大会の放送が終わってしまい見ることができなかった。かねてゴルフ中継はライブ放送にすべきだと感じており、地上波でなくてもBSでもできるはずなのに、不思議なことにテレビ局は一向に変えようとしない。テレビ局はスポンサーの気持ちはよくわかっても、ライブ中継を見たいというゴルフファンの心理をわかっていないようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る