• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

チームを常勝軍団にするためにアクションを起こす

 アウェーの北九州戦(13日)は、2―3で今季2敗目を喫しました。

 北九州の柱谷幸一監督が「自分たちのサッカーで勝てた」と言っていたけど、僕らは明らかに自分たちの戦いができなかった。球際の厳しさが足りなかったし、連動した守備も出来なかった。

 今季のジュビロは失点が多い(4勝1分け2敗16得点9失点)。「全員で守って全員で攻撃」というコンセプトをもっと徹底しないといけないと強く思いました。

 磐田に戻って試合翌日の練習の後、僕が音頭を取って選手たちを集め、今季初の「青空ミーティング」を開きました。

「1点を取った後、自分たちが試合の流れをきちんとマネジメント出来ていれば、あと5、6点は入ったはず。メンタル面で負けていた。もっと勝ちたいという気持ちを前面に押し出さないとダメ。1、2点で勝った気になるのではなく、試合ごとに5点くらい取る気持ちでやらないとJ2では勝てない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る