• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

チームを常勝軍団にするためにアクションを起こす

 アウェーの北九州戦(13日)は、2―3で今季2敗目を喫しました。

 北九州の柱谷幸一監督が「自分たちのサッカーで勝てた」と言っていたけど、僕らは明らかに自分たちの戦いができなかった。球際の厳しさが足りなかったし、連動した守備も出来なかった。

 今季のジュビロは失点が多い(4勝1分け2敗16得点9失点)。「全員で守って全員で攻撃」というコンセプトをもっと徹底しないといけないと強く思いました。

 磐田に戻って試合翌日の練習の後、僕が音頭を取って選手たちを集め、今季初の「青空ミーティング」を開きました。

「1点を取った後、自分たちが試合の流れをきちんとマネジメント出来ていれば、あと5、6点は入ったはず。メンタル面で負けていた。もっと勝ちたいという気持ちを前面に押し出さないとダメ。1、2点で勝った気になるのではなく、試合ごとに5点くらい取る気持ちでやらないとJ2では勝てない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る