松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

チームを常勝軍団にするためにアクションを起こす

公開日:  更新日:

 アウェーの北九州戦(13日)は、2―3で今季2敗目を喫しました。

 北九州の柱谷幸一監督が「自分たちのサッカーで勝てた」と言っていたけど、僕らは明らかに自分たちの戦いができなかった。球際の厳しさが足りなかったし、連動した守備も出来なかった。

 今季のジュビロは失点が多い(4勝1分け2敗16得点9失点)。「全員で守って全員で攻撃」というコンセプトをもっと徹底しないといけないと強く思いました。

 磐田に戻って試合翌日の練習の後、僕が音頭を取って選手たちを集め、今季初の「青空ミーティング」を開きました。

「1点を取った後、自分たちが試合の流れをきちんとマネジメント出来ていれば、あと5、6点は入ったはず。メンタル面で負けていた。もっと勝ちたいという気持ちを前面に押し出さないとダメ。1、2点で勝った気になるのではなく、試合ごとに5点くらい取る気持ちでやらないとJ2では勝てない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る