日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1stステージ突破も“蚊帳の外” G村田を原監督が見限った日

 巨人が12日、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージで阪神に勝ち、ファイナルステージ進出を決めた。

 先発ポレダが七回途中まで1失点の好投。4番・阿部の2打点などで阪神を沈めた。が、そんな中で冴えない男がいた。「6番・三塁」でCS初スタメンとなった村田修一(34)である。

 阪神先発の能見から今季10打数6安打の相性を買われたものの、2打席連続で空振り三振。六回1死一、三塁のチャンスでは、当たり前のように代打アンダーソンを送られた。前日2戦目のメッセンジャーにも16打数5安打、打率.313と相性が良かったが、三塁のスタメンを2試合連続で井端に譲ったのには理由がある。

 村田は先月19日、ヤクルトとのシ烈なV争いの真っ最中に右ヒジ関節炎のため、登録を抹消された。さるチーム関係者がこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事