• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東アジア杯2連敗でなでしこ「世代交代」はまたも頓挫

 なでしこジャパンの東アジア杯(中国・武漢)優勝がなくなった。1日の北朝鮮戦に続いて昨4日の韓国戦も落とし、最終戦(中国戦=8日)を待たずに優勝の可能性が消え去ったのだ。

 今大会の代表23人の中でカナダW杯準優勝メンバーは6人。この日のスタメン11人でカナダ組はDFの田中明日菜(27=神戸)1人だった。そんな若手と中堅主体のなでしこは、前半30分に先制。後半9分に同点に追い付かれたが、その後は韓国の拙攻にも助けられ、引き分け濃厚となったロスタイム突入後、FKを叩き込まれて万事休すだ。

「欧州組もMFの沢も宮間もいない“二軍なでしこ”なので連敗は致し方ないとしても、内容が悪過ぎる。たとえばCB村松智子(20)です。所属の日テレでは、なでしこ正CBの岩清水梓(28)とコンビを組み、国内リーグではまずまずのプレーを見せているが、韓国戦では相手FWに簡単に振り切られるシーンも多く、相手同点ゴールの場面では、得点者に正対しながら間合いを詰められず、同点弾を許してしまった。村松に限らず、国際試合で持ち味を出せない若手、中堅ばかりのチームでは3戦全敗もあり得る」(現地を取材する記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る