東アジア杯2連敗でなでしこ「世代交代」はまたも頓挫

公開日:  更新日:

 なでしこジャパンの東アジア杯(中国・武漢)優勝がなくなった。1日の北朝鮮戦に続いて昨4日の韓国戦も落とし、最終戦(中国戦=8日)を待たずに優勝の可能性が消え去ったのだ。

 今大会の代表23人の中でカナダW杯準優勝メンバーは6人。この日のスタメン11人でカナダ組はDFの田中明日菜(27=神戸)1人だった。そんな若手と中堅主体のなでしこは、前半30分に先制。後半9分に同点に追い付かれたが、その後は韓国の拙攻にも助けられ、引き分け濃厚となったロスタイム突入後、FKを叩き込まれて万事休すだ。

「欧州組もMFの沢も宮間もいない“二軍なでしこ”なので連敗は致し方ないとしても、内容が悪過ぎる。たとえばCB村松智子(20)です。所属の日テレでは、なでしこ正CBの岩清水梓(28)とコンビを組み、国内リーグではまずまずのプレーを見せているが、韓国戦では相手FWに簡単に振り切られるシーンも多く、相手同点ゴールの場面では、得点者に正対しながら間合いを詰められず、同点弾を許してしまった。村松に限らず、国際試合で持ち味を出せない若手、中堅ばかりのチームでは3戦全敗もあり得る」(現地を取材する記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る