東アジア杯2連敗でなでしこ「世代交代」はまたも頓挫

公開日:  更新日:

 なでしこジャパンの東アジア杯(中国・武漢)優勝がなくなった。1日の北朝鮮戦に続いて昨4日の韓国戦も落とし、最終戦(中国戦=8日)を待たずに優勝の可能性が消え去ったのだ。

 今大会の代表23人の中でカナダW杯準優勝メンバーは6人。この日のスタメン11人でカナダ組はDFの田中明日菜(27=神戸)1人だった。そんな若手と中堅主体のなでしこは、前半30分に先制。後半9分に同点に追い付かれたが、その後は韓国の拙攻にも助けられ、引き分け濃厚となったロスタイム突入後、FKを叩き込まれて万事休すだ。

「欧州組もMFの沢も宮間もいない“二軍なでしこ”なので連敗は致し方ないとしても、内容が悪過ぎる。たとえばCB村松智子(20)です。所属の日テレでは、なでしこ正CBの岩清水梓(28)とコンビを組み、国内リーグではまずまずのプレーを見せているが、韓国戦では相手FWに簡単に振り切られるシーンも多く、相手同点ゴールの場面では、得点者に正対しながら間合いを詰められず、同点弾を許してしまった。村松に限らず、国際試合で持ち味を出せない若手、中堅ばかりのチームでは3戦全敗もあり得る」(現地を取材する記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る