ロイヤルズの王手防いだトロント主砲の“破格ボーナス”

公開日:  更新日:

 ブルージェイズが長距離砲の本領発揮で一矢報いた。

 ア・リーグ優勝決定戦第3戦は19日(日本時間20日)、ブルージェイズが11-8で勝ち、対戦成績を1勝2敗とした。

 メジャーを代表する大型遊撃手のトロイ・トゥロウィツキー(31)が息を吹き返した。

 1点を追う二回、相手の先発右腕クエトから左前打で出塁し、3点を奪う逆転の口火を切った。三回の第2打席は無死一、二塁からバックスクリーン横に叩き込むダメ押しの3ラン。この試合の前まで、今ポストシーズン26打数1安打と不調だったトゥロウィツキーの一発もあり、この回は一気に6点を追加して突き放した。

 長らくロッキーズの主砲としてチームを引っ張り、07年にはルーキーながら攻守にわたる活躍で球団史上初のワールドシリーズ進出に貢献。13年には10年総額1億5775万ドル(約190億円)で契約を延長した。トゥロウィツキーは球団の期待通りの働きを見せ、ゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞(いずれも10、11年)のタイトルを獲得するなど、メジャーを代表する遊撃手に成長した。球団では大型契約が負担になったため、今年7月末にブルージェイズに放出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る