ロイヤルズの王手防いだトロント主砲の“破格ボーナス”

公開日: 更新日:

 ブルージェイズが長距離砲の本領発揮で一矢報いた。

 ア・リーグ優勝決定戦第3戦は19日(日本時間20日)、ブルージェイズが11-8で勝ち、対戦成績を1勝2敗とした。

 メジャーを代表する大型遊撃手のトロイ・トゥロウィツキー(31)が息を吹き返した。

 1点を追う二回、相手の先発右腕クエトから左前打で出塁し、3点を奪う逆転の口火を切った。三回の第2打席は無死一、二塁からバックスクリーン横に叩き込むダメ押しの3ラン。この試合の前まで、今ポストシーズン26打数1安打と不調だったトゥロウィツキーの一発もあり、この回は一気に6点を追加して突き放した。

 長らくロッキーズの主砲としてチームを引っ張り、07年にはルーキーながら攻守にわたる活躍で球団史上初のワールドシリーズ進出に貢献。13年には10年総額1億5775万ドル(約190億円)で契約を延長した。トゥロウィツキーは球団の期待通りの働きを見せ、ゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞(いずれも10、11年)のタイトルを獲得するなど、メジャーを代表する遊撃手に成長した。球団では大型契約が負担になったため、今年7月末にブルージェイズに放出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  6. 6

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  7. 7

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  8. 8

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  9. 9

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

  10. 10

    杏が歩く大女優への道 “ポスト半沢直樹”でコミットされた

もっと見る