誤審はね返し ブルージェイズ22年ぶりリーグ優勝決定戦へ

公開日: 更新日:

 メジャーで唯一、カナダを本拠地とするトロント・ブルージェイズが勝ち上がった。

 ア・リーグの地区シリーズ(5回戦制)第5戦は14日(日本時間15日)、ブルージェイズが6-3でレンジャーズを下し、93年以来22年ぶり6回目のリーグ優勝決定戦進出を決めた。

 ブルージェイズは明らかな誤審をはね返して接戦を制した。

 珍事が起きたのは2-2の同点で迎えた七回表だった。2死三塁の場面でブルージェイズのマーティン捕手の投手への返球が相手打者の秋信守のバットを直撃。ボールが三塁側を転々とする間、三塁走者のオドールが勝ち越しのホームを踏んだ。スコット主審は一度は秋の守備妨害と判定し、得点を認めなかったが、レンジャーズ・バニスター監督が猛抗議。審判団が協議した結果、判定は覆りレ軍の得点が認められた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る