スイス室内欠場 錦織の今シーズン問われるマスターズ最終戦

公開日:  更新日:

 世界ランク6位の錦織圭(25)が、26日に開幕するスイス・インドアを右肩痛で欠場することになった。大事をとって11月2日開幕のマスターズ・パリ大会に備えるという。

 錦織は、昨年に続き年間獲得ポイントの上位8人だけが出場できるツアー・ファイナル(11月15日~)を目指している。この大会はすでに上位6人の出場が確定。残り2枠を争うレースで7位につけている錦織は、マスターズ・パリ大会を欠場しない限り、「2年連続出場は濃厚」とみられている。

 だが、問題は今後だ。世界のトップ10にいる選手は、各大会で上位に進出することが多いため必然的に試合数が増える。今年の錦織はここまで17大会で48勝13敗。世界ランクトップのジョコビッチは14大会で72勝5敗。2位マレーは58勝11敗、3位フェデラーは51勝9敗だ。

 昨年も錦織は54勝14敗。70前後の試合数をこなし、しっかりポイントを稼がなければランキングの維持は厳しい。そのためには強靱な体力が求められる。

 今年3月には4位まで上げた世界ランクも今は6位。今季3勝しているものの優勝は8月のシティ・オープンが最後。ここにきての欠場も、ファンが抱く「尻すぼみ感」を強くした。休養後のマスターズ1000のパリ大会でモヤモヤを晴らせるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る