スイス室内欠場 錦織の今シーズン問われるマスターズ最終戦

公開日: 更新日:

 世界ランク6位の錦織圭(25)が、26日に開幕するスイス・インドアを右肩痛で欠場することになった。大事をとって11月2日開幕のマスターズ・パリ大会に備えるという。

 錦織は、昨年に続き年間獲得ポイントの上位8人だけが出場できるツアー・ファイナル(11月15日~)を目指している。この大会はすでに上位6人の出場が確定。残り2枠を争うレースで7位につけている錦織は、マスターズ・パリ大会を欠場しない限り、「2年連続出場は濃厚」とみられている。

 だが、問題は今後だ。世界のトップ10にいる選手は、各大会で上位に進出することが多いため必然的に試合数が増える。今年の錦織はここまで17大会で48勝13敗。世界ランクトップのジョコビッチは14大会で72勝5敗。2位マレーは58勝11敗、3位フェデラーは51勝9敗だ。

 昨年も錦織は54勝14敗。70前後の試合数をこなし、しっかりポイントを稼がなければランキングの維持は厳しい。そのためには強靱な体力が求められる。

 今年3月には4位まで上げた世界ランクも今は6位。今季3勝しているものの優勝は8月のシティ・オープンが最後。ここにきての欠場も、ファンが抱く「尻すぼみ感」を強くした。休養後のマスターズ1000のパリ大会でモヤモヤを晴らせるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る