参謀役は川相ヘッド有力…巨人由伸監督の「組閣」どうなる?

公開日: 更新日:

 高橋由の監督就任が決まった巨人は、これから新指揮官の脇を固める組閣も急ピッチで進める。

 高橋由は今季から打撃コーチを兼任していたとはいえ、指導者としての経験は皆無に等しい。経験豊富な参謀役が必要不可欠で、その筆頭候補に挙げられているのが川相ヘッドコーチ(51)だ。

「原監督の退任が決まってすでに勝呂内野守備走塁、清水打撃、白坂トレーニング担当の3コーチの退団が発表された。ただこれは第1陣で、原監督の右腕だった村田総合担当など今後も複数のコーチがユニホームを脱ぐことになるとみられています。そんな中で留任が濃厚とされているのが川相ヘッド。川相ヘッドが由伸とともに最後まで『ポスト原』の有力候補に残っていたのは、読売本社某幹部の強い後押しがあったからです。能力を買われているので、ヘッドコーチとして由伸監督を支えることになるはず」(日本テレビ関係者)

 23日に監督不在のまま始まった巨人の秋季練習で陣頭指揮を執った川相ヘッド。未熟な由伸監督をサポートするどころか「実質的な監督みたいなもの」との声も出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  7. 7

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る