「富士山と日の出」のラグビーW杯ロゴにデザイン評論家苦言

公開日:  更新日:

「独創的で特有のものだと自信を持っている」

 国際統括団体ワールドラグビー(WR)は27日、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の公式ロゴを発表。ゴスパー最高経営責任者(CEO)がこう胸を張った。

 日本の国際スポーツ大会では、20年東京五輪のエンブレムがパクリ疑惑で白紙撤回に追い込まれたばかり。同CEOは「すでに形や字体の徹底的な調査を済ませたWRのロゴの変形版」と語ったが、要は楕円を斜めに切り取ったWRの定番マークに、日本特有の富士山と日の出をあしらっただけ。

 テーマは一体感で、日本大会組織委の嶋津昭事務総長は「素晴らしいロゴ。格好いいと思う」と満足げだった。

 デザイン評論家の柏木博氏がこう言う。

「フジヤマとヒノマルといった欧米人が持つ日本のイメージに、本来のシンボルであるラグビーボールをエディット(編集)しただけという印象です。あまりにもパターン化された『日本』の解釈で、ありきたりな感じがします。芸がないと思いました。少なくともインパクトや新鮮さは感じられませんでした」

 W杯イングランド大会では、史上初の1大会3勝を挙げ、あれからテレビで五郎丸歩(29)を見ない日はないというぐらいの盛り上がりを見せるラグビー界だが、W杯日本大会のロゴのセンスだけはどうもいただけない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る