「富士山と日の出」のラグビーW杯ロゴにデザイン評論家苦言

公開日:  更新日:

「独創的で特有のものだと自信を持っている」

 国際統括団体ワールドラグビー(WR)は27日、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の公式ロゴを発表。ゴスパー最高経営責任者(CEO)がこう胸を張った。

 日本の国際スポーツ大会では、20年東京五輪のエンブレムがパクリ疑惑で白紙撤回に追い込まれたばかり。同CEOは「すでに形や字体の徹底的な調査を済ませたWRのロゴの変形版」と語ったが、要は楕円を斜めに切り取ったWRの定番マークに、日本特有の富士山と日の出をあしらっただけ。

 テーマは一体感で、日本大会組織委の嶋津昭事務総長は「素晴らしいロゴ。格好いいと思う」と満足げだった。

 デザイン評論家の柏木博氏がこう言う。

「フジヤマとヒノマルといった欧米人が持つ日本のイメージに、本来のシンボルであるラグビーボールをエディット(編集)しただけという印象です。あまりにもパターン化された『日本』の解釈で、ありきたりな感じがします。芸がないと思いました。少なくともインパクトや新鮮さは感じられませんでした」

 W杯イングランド大会では、史上初の1大会3勝を挙げ、あれからテレビで五郎丸歩(29)を見ない日はないというぐらいの盛り上がりを見せるラグビー界だが、W杯日本大会のロゴのセンスだけはどうもいただけない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る