真中監督報われた? ドラフトの“失態”に「ゆうもあ大賞」

公開日:  更新日:

 そうそうたるメンバーに肩を並べた。

 9日、14年ぶりのリーグ優勝を果たしたヤクルトの真中満監督(44)が、世の中に明るい話題を提供した人物に贈られる「平成27年度ゆうもあ大賞」に選ばれ、表彰式に出席。同じく受賞したタレントの黒柳徹子、北大路欣也とともにトロフィーなどを贈られた。

 大物芸能人と並んでの受賞にさすがに緊張気味の真中監督だったが、就任1年目の優勝に加え、今年のドラフトで1位指名した高山俊(明大)が阪神と競合し、外れクジを引いたにもかかわらず、ガッツポーズをして大喜びしたことが授賞理由という。

 ドラフトでの“失態”がきっかけとなり、図らずも真中監督の知名度は急上昇。オフはイベントやテレビ出演に引っ張りダコというから、人生わからないものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る