• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

真中監督報われた? ドラフトの“失態”に「ゆうもあ大賞」

投稿日:  更新日:

 そうそうたるメンバーに肩を並べた。

 9日、14年ぶりのリーグ優勝を果たしたヤクルトの真中満監督(44)が、世の中に明るい話題を提供した人物に贈られる「平成27年度ゆうもあ大賞」に選ばれ、表彰式に出席。同じく受賞したタレントの黒柳徹子、北大路欣也とともにトロフィーなどを贈られた。

 大物芸能人と並んでの受賞にさすがに緊張気味の真中監督だったが、就任1年目の優勝に加え、今年のドラフトで1位指名した高山俊(明大)が阪神と競合し、外れクジを引いたにもかかわらず、ガッツポーズをして大喜びしたことが授賞理由という。

 ドラフトでの“失態”がきっかけとなり、図らずも真中監督の知名度は急上昇。オフはイベントやテレビ出演に引っ張りダコというから、人生わからないものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る