これでもプロ野球? 金本阪神はとにかく「元気」がお好き

公開日: 更新日:

「返事! 小学生じゃないんだから!」

 阪神の金本監督(47)が秋季キャンプで若手の田面を叱り飛ばしたことがあった。

 コーチが声をかけた時に反応が鈍かった。キャンプ前の全体ミーティングでは挨拶の重要性を訴えた指揮官は、「コーチに呼ばれたり、注意されたりしたら、ちゃんと返事をしないと」と眉をひそめた。

 捕手育成の任を背負う矢野作戦兼バッテリーコーチ(47)は正捕手の条件として、「投手に受けてもらいたいと思われること」とし、「元気のあるヤツを使いたい。捕手は元気がなければ根本的にダメ」と言っていた。

 社会人としてのマナーを著しく欠くのは論外としても、両者はハキハキとして明るく元気な選手が好みなのだろう。

 近年の阪神は明るいムードではなかった。和田前監督はリーダーシップを発揮して選手を鼓舞するタイプではなかったし、チームリーダーの鳥谷も口下手。優勝争いから脱落するシーズン終盤はいつも、ベンチの雰囲気が重苦しかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る