• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

白鵬“奇襲”の元凶と指摘 スポーツの品位貶めた「テレビの罪」

 天国の横綱たちは仰天しているに違いない。

 大相撲九州場所10日目、横綱白鵬(30)は奇策の「猫だまし」を2度も使い関脇栃煌山(28)を寄り切った。

 立ち合いの際、相手力士の眼前で手を叩き目をつむらせる「猫だまし」は、体の小さな力士や番付下位の者が上位者に使う奇襲戦法だ。北の湖理事長は「横綱としてやるべきことじゃない。前代未聞なんじゃないの」と苦言を呈した。好角家でもある菅野宏三氏(ビジネス評論家)は、「横綱といえば、昔は神様でしたが……」と言ってこう続ける。

「昔は、初代の若乃花や大鵬のように、横綱は近寄り難い雰囲気があった。国技館に見にいくとそれこそオーラを感じたものです。横綱はどんと受けて、まずは攻めさせて最後に勝つ。それぞれの横綱が相撲道というものを持っていたから、格下相手に奇策を用いることもなかった。そんな手を使って勝つのは恥ずかしいことですから。今の横綱には品格なんてものはないし、軽い存在になった。原因のひとつはテレビですよ。横綱というのは相撲の神様なんですから、神秘的な方が魅力があるのに、バラエティー番組などに呼んで、自分のことをペラペラしゃべらせている。だから威厳も何もない。出る方も出る方ですが、呼ぶ側のテレビが横綱の品位を貶めているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事