日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“中年の星”山本昌が明かした「現役生活32年間」の秘訣

 2015年オフ、50歳の現役最年長選手が32年間の現役生活に終止符を打った。通算219勝のうち、40代(05年~)で積み重ねた46勝は歴代最多。「中年の星」として輝き続けたレジェンドが読者にエールを送る。

 あと1つ勝てば、史上最年長勝利の世界記録を更新することができました。ファンの皆さんの期待は十二分に感じていましたから、記録のことは意識をしていました。

 ただ、チームが3年続けてBクラスに終わり、多くの選手が引退を決めました。50歳で0勝だったら、普通に考えればもう野球ができないよな、これ以上、わがままを通すわけにはいかないよなと考えて、引退を決断しました。

 野球が一番の趣味だったんだな、と改めて気づかされます。今、これといって、やりたいことがないんですよ。ラジコンやクワガタ採集など趣味もやりたいとは思わない。野球あってのものだったのだと感じます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事