“中年の星”山本昌が明かした「現役生活32年間」の秘訣

公開日:  更新日:

 2015年オフ、50歳の現役最年長選手が32年間の現役生活に終止符を打った。通算219勝のうち、40代(05年~)で積み重ねた46勝は歴代最多。「中年の星」として輝き続けたレジェンドが読者にエールを送る。

 あと1つ勝てば、史上最年長勝利の世界記録を更新することができました。ファンの皆さんの期待は十二分に感じていましたから、記録のことは意識をしていました。

 ただ、チームが3年続けてBクラスに終わり、多くの選手が引退を決めました。50歳で0勝だったら、普通に考えればもう野球ができないよな、これ以上、わがままを通すわけにはいかないよなと考えて、引退を決断しました。

 野球が一番の趣味だったんだな、と改めて気づかされます。今、これといって、やりたいことがないんですよ。ラジコンやクワガタ採集など趣味もやりたいとは思わない。野球あってのものだったのだと感じます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る