“中年の星”山本昌が明かした「現役生活32年間」の秘訣

公開日: 更新日:

 2015年オフ、50歳の現役最年長選手が32年間の現役生活に終止符を打った。通算219勝のうち、40代(05年~)で積み重ねた46勝は歴代最多。「中年の星」として輝き続けたレジェンドが読者にエールを送る。

 あと1つ勝てば、史上最年長勝利の世界記録を更新することができました。ファンの皆さんの期待は十二分に感じていましたから、記録のことは意識をしていました。

 ただ、チームが3年続けてBクラスに終わり、多くの選手が引退を決めました。50歳で0勝だったら、普通に考えればもう野球ができないよな、これ以上、わがままを通すわけにはいかないよなと考えて、引退を決断しました。

 野球が一番の趣味だったんだな、と改めて気づかされます。今、これといって、やりたいことがないんですよ。ラジコンやクワガタ採集など趣味もやりたいとは思わない。野球あってのものだったのだと感じます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る