“中年の星”山本昌が明かした「現役生活32年間」の秘訣

公開日: 更新日:

 2015年オフ、50歳の現役最年長選手が32年間の現役生活に終止符を打った。通算219勝のうち、40代(05年~)で積み重ねた46勝は歴代最多。「中年の星」として輝き続けたレジェンドが読者にエールを送る。

 あと1つ勝てば、史上最年長勝利の世界記録を更新することができました。ファンの皆さんの期待は十二分に感じていましたから、記録のことは意識をしていました。

 ただ、チームが3年続けてBクラスに終わり、多くの選手が引退を決めました。50歳で0勝だったら、普通に考えればもう野球ができないよな、これ以上、わがままを通すわけにはいかないよなと考えて、引退を決断しました。

 野球が一番の趣味だったんだな、と改めて気づかされます。今、これといって、やりたいことがないんですよ。ラジコンやクワガタ採集など趣味もやりたいとは思わない。野球あってのものだったのだと感じます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  10. 10

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

もっと見る