巨人原前監督“退任前の遺言”で消えた人と生き残った人

公開日: 更新日:

「私の意思というものを先日(10月17日)桃井会長に伝えまして、意向を改めて渡辺主筆と白石オーナーに伝え、理解していただいて退任する運びとなりました」

 10月19日、巨人原辰徳監督(57)が退任会見を行った。吹っ切れた表情でこう切り出したが、その前には球団との駆け引きがあった。

 本音では来季以降もやりたかった。が、今季で2年契約が切れるというのに、待てど暮らせど続投要請は届かなかった。そんな中、原監督が球団に推薦した大物がいたという。球団関係者がこう言う。

「原監督が続投する可能性を残していた頃、来季のヘッドコーチ案としてヤクルトOBの宮本慎也氏(45)を推薦した。もともと知人を介して知り合い、今は公私共に親交が深い。野球理論にも定評があることで、自身の右腕として最適とのことだった。もうひとりは、続投のオファーがなく身を引くと決めた時。今度は自身の後釜として巨人の先輩でもある江川卓(60)を次期監督にと言い出したのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る