• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人原前監督“退任前の遺言”で消えた人と生き残った人

「私の意思というものを先日(10月17日)桃井会長に伝えまして、意向を改めて渡辺主筆と白石オーナーに伝え、理解していただいて退任する運びとなりました」

 10月19日、巨人の原辰徳監督(57)が退任会見を行った。吹っ切れた表情でこう切り出したが、その前には球団との駆け引きがあった。

 本音では来季以降もやりたかった。が、今季で2年契約が切れるというのに、待てど暮らせど続投要請は届かなかった。そんな中、原監督が球団に推薦した大物がいたという。球団関係者がこう言う。

「原監督が続投する可能性を残していた頃、来季のヘッドコーチ案としてヤクルトOBの宮本慎也氏(45)を推薦した。もともと知人を介して知り合い、今は公私共に親交が深い。野球理論にも定評があることで、自身の右腕として最適とのことだった。もうひとりは、続投のオファーがなく身を引くと決めた時。今度は自身の後釜として巨人の先輩でもある江川卓(60)を次期監督にと言い出したのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る