SRに挑戦の五郎丸を待つ“血で血を洗う”レギュラー争い

公開日: 更新日:

「壁は高いので、それを乗り越えた時に一皮むけるかなという感じがしている」――。

 今季、世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」に挑戦する日本代表FB五郎丸歩(29)が5日の渡豪を前に、あらためて決意を口にした。

 2日は日本代表の公式スポンサーも務める時計メーカーのアンバサダー就任会見に出席。W杯での活躍で一躍、時の人になったことから「帰国してから休む時間がなかった」と振り返った。

 スーパーラグビーは豪州、ニュージーランド(NZ)、南アフリカのW杯優勝経験のある3カ国を中心とした世界最高レベルのリーグ。五郎丸が契約したクイーンズランド・レッズは、豪州・NZグループに所属し、ラグビーが盛んな南半球各国の代表選手がプレーする。

 五郎丸はW杯で披露した正確なプレースキック(4試合で58得点)をレッズに高く評価された。昨季までプレースキッカーを務めたSOクウェイド・クーパー(現仏・トゥールーズ)の後釜として期待されるが、五郎丸が「簡単にレギュラーになれるとは思ってない」と話した通り、まずはチーム内での競争に勝たなければならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る