SRに挑戦の五郎丸を待つ“血で血を洗う”レギュラー争い

公開日: 更新日:

「壁は高いので、それを乗り越えた時に一皮むけるかなという感じがしている」――。

 今季、世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」に挑戦する日本代表FB五郎丸歩(29)が5日の渡豪を前に、あらためて決意を口にした。

 2日は日本代表の公式スポンサーも務める時計メーカーのアンバサダー就任会見に出席。W杯での活躍で一躍、時の人になったことから「帰国してから休む時間がなかった」と振り返った。

 スーパーラグビーは豪州、ニュージーランド(NZ)、南アフリカのW杯優勝経験のある3カ国を中心とした世界最高レベルのリーグ。五郎丸が契約したクイーンズランド・レッズは、豪州・NZグループに所属し、ラグビーが盛んな南半球各国の代表選手がプレーする。

 五郎丸はW杯で披露した正確なプレースキック(4試合で58得点)をレッズに高く評価された。昨季までプレースキッカーを務めたSOクウェイド・クーパー(現仏・トゥールーズ)の後釜として期待されるが、五郎丸が「簡単にレギュラーになれるとは思ってない」と話した通り、まずはチーム内での競争に勝たなければならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  6. 6

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る