• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SRに挑戦の五郎丸を待つ“血で血を洗う”レギュラー争い

「壁は高いので、それを乗り越えた時に一皮むけるかなという感じがしている」――。

 今季、世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」に挑戦する日本代表FB五郎丸歩(29)が5日の渡豪を前に、あらためて決意を口にした。

 2日は日本代表の公式スポンサーも務める時計メーカーのアンバサダー就任会見に出席。W杯での活躍で一躍、時の人になったことから「帰国してから休む時間がなかった」と振り返った。

 スーパーラグビーは豪州、ニュージーランド(NZ)、南アフリカのW杯優勝経験のある3カ国を中心とした世界最高レベルのリーグ。五郎丸が契約したクイーンズランド・レッズは、豪州・NZグループに所属し、ラグビーが盛んな南半球各国の代表選手がプレーする。

 五郎丸はW杯で披露した正確なプレースキック(4試合で58得点)をレッズに高く評価された。昨季までプレースキッカーを務めたSOクウェイド・クーパー(現仏・トゥールーズ)の後釜として期待されるが、五郎丸が「簡単にレギュラーになれるとは思ってない」と話した通り、まずはチーム内での競争に勝たなければならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る