パナ圧勝も…ラグビー「トップL」は大学に育成頼りきり

公開日:  更新日:

 予想通りの結果になった。

 昨秋のワールドカップや2月開幕のスーパーラグビー参戦などの事情により、19季ぶりの社会人と大学生による一発勝負となった昨31日のラグビー日本選手権(秩父宮)。結果は合計7トライを奪って大学王者の帝京大を一蹴したパナソニックが、2季ぶり5回目(前身の三洋電機時代も含む)の日本一を達成した。

 大学は87年に早大が東芝府中を下したのを最後に日本選手権での連敗を10に伸ばしたが、それも仕方ない。

 トップリーグでプレーする選手は大卒ばかりで、技術に加えてフィジカルでも大学生を圧倒しているからだ。各チームとも、毎年、ラグビーの強豪大学から選手を補強し、今では高卒で採用するのはレアケースになっている。

 これは裏を返せば、トップリーグの選手育成は大学頼りということだ。さるリーグ関係者によれば、ラグビーは選手寿命が短く、セカンドキャリアを考慮すると、日本を代表する企業であっても、高卒選手の採用を見送っているのが現状だという。実際にパナソニックのベンチ入りメンバー23人のうち、高卒は2人の外国人選手だけ。各チームとも部の運営予算は限られており、高卒選手を自前で育てるよりも戦力として計算できる大学生の補強を優先せざるを得ないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る