日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

薬物まみれのケニア リオ五輪「出場辞退」に言及の笑止

 ジカ熱騒ぎが収まっても、おそらく五輪の舞台には立てないだろう。複数の英国メディアによれば、国際陸連のコー会長は、ドーピング違反が相次ぐケニアが世界反ドーピング機関(WADA)から「不適格組織」と認定された場合、リオ五輪の出場を停止する処分を科すこともあると言ったという。

 陸上王国ケニアは、過去3年で薬物違反による資格停止処分が40人以上も出ている。国ぐるみのドーピングが発覚したロシアはすでに暫定資格停止処分を受けているが、ロシアとケニアは揃ってリオ五輪から「除外」されそうだ。

 ケニアといえば、昨年8月の世界陸上では、金7個を含む16個のメダルを獲得。同国の五輪委員会のケイノ会長は今月9日、「(ブラジルで)ジカ熱の流行が拡大すれば、選手を連れていくリスクは冒さない」と述べ、8月のリオ五輪の出場辞退の可能性に言及していたが、何をバカなことを言っているのか。ケニアがWADAから「不適格組織」と認定されたら、リオ五輪はもちろん、2017年の世界選手権(ロンドン)にも出られないし、過去に手にしたメダルを剥奪されたり、賞金も返還しなければならない選手も出てくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事