薬物まみれのケニア リオ五輪「出場辞退」に言及の笑止

公開日: 更新日:

 ジカ熱騒ぎが収まっても、おそらく五輪の舞台には立てないだろう。複数の英国メディアによれば、国際陸連のコー会長は、ドーピング違反が相次ぐケニアが世界反ドーピング機関(WADA)から「不適格組織」と認定された場合、リオ五輪の出場を停止する処分を科すこともあると言ったという。

 陸上王国ケニアは、過去3年で薬物違反による資格停止処分が40人以上も出ている。国ぐるみのドーピングが発覚したロシアはすでに暫定資格停止処分を受けているが、ロシアとケニアは揃ってリオ五輪から「除外」されそうだ。

 ケニアといえば、昨年8月の世界陸上では、金7個を含む16個のメダルを獲得。同国の五輪委員会のケイノ会長は今月9日、「(ブラジルで)ジカ熱の流行が拡大すれば、選手を連れていくリスクは冒さない」と述べ、8月のリオ五輪の出場辞退の可能性に言及していたが、何をバカなことを言っているのか。ケニアがWADAから「不適格組織」と認定されたら、リオ五輪はもちろん、2017年の世界選手権(ロンドン)にも出られないし、過去に手にしたメダルを剥奪されたり、賞金も返還しなければならない選手も出てくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る